ANAマイルを家族で合算

ANAマイルを家族で合算

マイレージまめ知識13

家族でマイルを合算できる!「ANAカード ファミリーマイル」がスタートchapter1

家族でマイルを合算できる!「ANAカード ファミリーマイル」がスタート

2010年4月1日より、ANAカード会員とその家族(家族カード会員)のあいだで一つの口座にマイルを貯められる「ANAカード ファミリーマイル」がスタートしました。
これによって、今までJALカードだけの特典だった家族間でのマイルの合算が、ANAカードでもできるようになります。

今回のまめ知識では、ANAカードファミリーマイルの内容と家族でマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードを紹介します。

家族マイルのしくみchapter2

家族マイルへの参加方法

家族マイルのしくみ

ANAカードファミリーマイルは、生計を同一にする家族(最大10人まで)のマイルを合算できるサービスです。
利用には、家族間でファミリーマイルの代表となる「プライム会員」を決めたあと、プライム会員が自身とファミリー会員の参加メンバー登録(ファミリーマイルグループ登録)を行ないます。
登録手続きはすべて無料で、ANAマイレージクラブ会員の専用ページ「ANA SKY WEB」か、専用申込書を郵送して行ないます。プライム会員以外にもANAカードの本会員(家族カード会員でないANAカード会員)がいる場合は、申込書での手続きになりますので注意しましょう。

なお、登録時にはANAマイレージクラブの会員番号(10ケタ)が必要になるため、参加を予定しているメンバーは、あらかじめANAカード(18歳未満および18歳の高校生はANAマイレージクラブカード)に入会しておく必要があります。

家族マイルの特典は?

家族で合算したマイルは、ANAの特典航空券(国際線・国内線)、ANA国際線のアップグレード、提携航空会社の特典航空券のいずれかに交換することができます。通常のANAマイルの特典でもある、電子マネー・提携ポイントへの交換やツアー料金の支払い等に使えない点は残念ですが、家族に分散していたマイルを集めることで、特典航空券ゲットへの道のりは飛躍的に縮まります

ちなみに、家族マイルの特典航空券やアップグレードは、家族マイルメンバーだけでなく、プライム会員の2親等以内の親族(兄弟・祖父母等)も利用することができます。

家族マイルの合算

家族マイルは、最初にメンバーそれぞれの口座にマイルがたまり、特典交換時の申込時などに合算されるしくみです。
合算させずにメンバーそれぞれでマイルを使用することもできるため、電子マネーやツアーなどにマイルを使いたい場合は、各個人の口座でマイルを貯めるようにするとよいでしょう。
ちなみに、マイルの合算(特典申請)は、プライム会員のみが行なうことができ、ファミリー会員は手続きできない点には注意が必要です。

家族でのマイル合算におすすめのANAカードは?chapter3

家族でのマイル合算におすすめのANAカードは?

家族マイルを利用するには、家族全員がクレジット機能付のANAカード、もしくはANAマイレージクラブカード(18才以下)を用意する必要があります。
家族でカードを持つ場合、自分のライフスタイルにあったANAカードを選ぶと効率的にマイルを貯めることができるようになります。

たとえば、ANA・アメリカン・エキスプレスカードは、入会時にもらえるボーナスマイル&ボーナスポイントの充実度もさることながら、空港ラウンジが同伴者1名まで無料、カードの保険(旅行障害保険・ショッピングガード等)が配偶者や子供にまで適用されるなど、夫婦二人や家族そろっての旅行に役立ちます。
また、通勤等でJRを使う場合は、Suicaチャージでポイントが貯まり、マイルに交換できるANA VISA Suicaカードの活用もおススメです。

なお、旅行以外にそれほどカードを使わないという場合は、プライム会員以外のメンバーのカードを家族カードにするのも一つの方法です。たとえば、ANA 一般カード(JCB)では、家族カード会員は、本会員の半額の年会費で、同じ内容の旅行障害保険と搭乗ボーナスがつきます(ただし、入会ボーナス・継続ボーナスはなし)。もちろん、カード利用で貯まるマイルも同額です。

家族マイルを貯めるのにおすすめのANAカードcheck

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
豊富なキャンペーンとステイタスが魅力
年会費
本会員:7,000円+消費税、家族会員:2500円+消費税
マイル※家族会員も同じ
  • カード利用100円につき1ポイント(ANA航空券、機内販売等は100円につき1.5ポイント)オススメ!
  • Edy利用200円につき1マイル
マイル移行
1ポイント=1マイル※ポイント移行コース(年6,000円+消費税)参加時
ここがおすすめ!
  • ボーナスマイル(入会時1,000マイル、継続時1,000マイル、搭乗時+10%)
  • 同伴者1名まで空港ラウンジ利用可オススメ!
  • 国内&海外旅行障害保険 最高3,000万円
  • ショッピングプロテクション 最高200万円まで
  • カード不正使用を全額補償
家族カード会員の特典
  • 搭乗ボーナスマイル+10%※入会ボーナス、継続ボーナスはなし
  • 国内・海外旅行傷害保険 最高1,000万円※カード会員以外の配偶者・子供・生計を一にする両親なども含むオススメ!
  • ショッピングプロテクション最高200万円まで
  • カード不正使用を全額補償
入会キャンペーン
  • 【期間限定キャンペーン】
  • 新規入会&カード利用で最大30,000マイル相当をプレゼントオススメ!
ANA一般カード(JCB)
ANA JCBカード(一般)
マイル移行手数料がお得!
年会費
本会員:2,000円+消費税、家族会員:1,000円+消費税
マイル※家族会員も同じ
  • カード利用1,000円につき1ポイント
  • Edy利用200円につき1マイル
マイル移行
1ポイント=10マイル※10マイルコース参加時(年2,000円+消費税)
ここがおすすめ!
  • ボーナスマイル(入会時1,000マイル、継続時1,000マイル、搭乗時+10%)
  • 国内&海外旅行障害保険 最高1,000万円
  • ショッピングガード(海外) 最高100万円
  • 年間50万円以上のカードを利用で翌年のポイントが+10%、100万円以上で+20%アップオススメ!
家族カード会員の特典
  • 搭乗ボーナスマイル+10%※入会ボーナス、継続ボーナスはなし
  • 国内&海外旅行障害保険 最高1,000万円
  • ショッピングガード(海外) 最高100万円
入会キャンペーン
  • 初年度年会費(2,000円+消費税)無料
ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード
Suicaチャージでポイントが貯まる
年会費
本会員:2,000円+消費税(WEB明細利用で年会費500円割引)※家族カードなし
マイル※家族会員も同じ
  • カード利用1,000円につき1ポイント
  • Edy利用200円につき1マイル
マイル移行
1ポイント=10マイル※10マイルコース参加時(年6,000円+消費税)
ここがおすすめ!
  • ボーナスマイル(入会時1,000マイル、継続時1,000マイル、搭乗時+10%)
  • 国内&海外旅行障害保険 最高1,000万円
  • ショッピングガード(海外) 最高100万円
  • Suicaチャージで1,000円につき1ポイントオススメ!
  • 貯めたポイントをSuicaに交換可能(1ポイント=5円相当)
家族カード会員の特典
入会キャンペーン
  • 【期間限定キャンペーン】
  • 新規入会&所定のカード利用条件を満たすと最大24,500マイル相当をプレゼント

豆知識13「ANAのマイルを家族で合算」はいかがでしたでしょうか?
ファミリーマイルサービスによって、ANAのマイレージプログラムの利便性は飛躍的にアップします。

旅行好きの家族がいる家庭や、飛行機に乗る機会が多い家庭は、ANAカードの新しいサービスを活用して効率的にマイルを貯めていきましょう。

Rankingマイレージプログラム比較
ANA「ANAマイレージクラブ」
スターアライアンスに所属する国内大手航空会社。国内線・国際線共に豊富な路線網を持つ。ショッピングやカード利用でのマイル獲得機会が多い。
JAL「JALマイレージバンク」
ワンワールド所属の国内大手航空会社。小田急・東急・JRなどの鉄道会社と多く提携しており、チャージや定期券の購入でもマイルを獲得する機会がある。
UA「マイレージ・プラス」
スターアライアンスに所属する、世界で2番目に大きい航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%をGETできる。
デルタ「スカイマイル」(旧:ワールドパークス)
スカイチーム所属の外資系大手航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%を付与。貯めたマイルに実質の有効期限がない。
大韓航空「スカイパス」
韓国のフラッグシップ。日本への就航便はデルタ航空に次いで多い。マイル有効期間は10年間。航空チケットが安く、予約クラスによるマイル減額も少なめ。
RankingANAカード比較
ANAアメリカン・エキスプレス
入会で3,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA Suicaカード
ANAと三井住友カードが提携・発行するクレジットカード。Suicaとして使うこともでき、マイルをSuicaに交換することができる
ANA JCBカード(一般)
JCBが発行するANAカード。他ブランド(VISA、Master)のANAカードと比較すると交換手数料が安く、50万円以上のカード利用で翌年のポイント還元率がアップ。
ANAダイナースカード
ダイナースクラブが発行するANAカード。高いマイル還元率を誇り、マイルへの交換可能なポイントに有効期限がない。
ANA JCBカード(ワイド)
JCBが発行するANAワイドカード。入会時・継続時に一般カードの2倍のボーナスマイル、毎回のフライトでは2.5倍のボーナスマイルがもらえる。

このページのトップへ