ANA VISA Suicaカードでマイルを貯める

ANA VISA Suicaカード

注目のマイレージカード&マイレージプログラム

ANA VISA Suicaカードとは?chapter1

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、ANAカードと三井住友カードが提携し、発行するマイレージカードです。ANAカードの機能にプラスして、ポイントや年会費値割引きが充実している三井住友VISAカード、さらに電子マネーSuicaの機能を搭載しており、工夫次第で、同じくANAと三井住友VISAカードが発行する「ANA VISAカード」よりもお得にマイルを貯めることができます。

ここでは、ANAユーザーにとって利便性が高いマイレージカードの一つ、ANA VISA Suicaカードの特徴と活用方法を紹介します。

ANA VISA Suicaカードでマイルをゲットchapter2

ANA VISA Suicaカードでマイルをゲット

ANA VISA Suicaカードは、一般のANAカード(VISA、Master)と同じく、マイルの交換率によって5マイルコース(マイル移行手数料無料)と10マイルコース(マイル移行手数料6,000円+消費税/年)に分かれています。

ショッピングの代金や公共料金等をANA VISA Suicaカードで支払うことで、提携している三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイント(カード利用1,000円につき1ポイント)が貯まり、その後、自動振替または手動振替によってANAマイル(5マイルor10マイル)に交換可能となります。

また、通常のANAカードと同様、入会・カード継続時にそれぞれ1,000マイル、フライト利用時に区間マイレージ+10%のボーナスマイルが加算されるのも嬉しい特典です。

さらに、三井住友VISAカードが実施するサービスとして、前年度のカード利用額や専用ショッピングモールを経由したオンラインショッピング等でボーナスポイントをゲットできるようになっています。これらのボーナスポイントは、原則的にANAマイルへの交換は不可能ですが、次項の裏技を使うことで交換可能となります。 →ANA VISA Suicaカードをお得に使う3つの裏技

なお、ANA VISA Suicaカードは、JR東日本の電子マネー・Suicaを搭載しているため、鉄道・バスの乗車料金等をSuicaで支払えるほか、SuicaチャージをANA VISA Suicaカードで行なうことで、チャージ1,000円につき1ポイントを貯めることができます。仕事や出張・旅行等で、飛行機だけでなく鉄道も頻繁に使う場合は、Suica利用でもポイントを貯められる非常に大きなメリットがあります(*)。

*ただし、JR東日本(ビューカード)が実施しているビューサンクスポイント(Suicaチャージ1,000円=6ポイント)は未対応

ANA VISA Suicaカードをお得に使う3つの裏技chapter3

このように、特典の多いANA VISA Suicaカードですが、三井住友VISAカード独自のサービスを活用することで、さらに年会費の割引やボーナスマイルをゲットできます。
それでは、通常のANAカードよりもお得にマイルを貯められるANA VISA Suicaカードの3つの裏技をご紹介しましょう。

1.「マイ・ぺいすリボ」に設定

クレジットカードの支払方法をリボ払い(マイ・ぺいすリボ)に設定することで、カード年会費を通常のANAカードの2,000円+消費税から751円+消費税と大幅に安くすることができます。その際、一ヶ月の支払い額をクレジットカードの限度額と同額にすることで、リボ払い手数料を払わずに「マイ・ぺいすリボ」を利用できます。

マイ・ぺいすリボの申込みや支払額設定は、三井住友カードのインターネットサービス「V pass」や電話経由で行なうことができます。

2.マイルの移行を2年に1回に

マイルの移行を2年に1回に

マイル還元率がアップするANAカードの10マイルコースは、カード利用100円=1マイルでANAマイルを貯められるようになる反面、年間6,000円+消費税のマイル移行手数料をネックと感じる方も多いでしょう。

そこで、マイル移行を2年に1回にすると、2年分のポイントをまとめてマイルに交換し、1年あたりの移行手数料を3,000円+消費税に抑えることができます
ANA VISA Suicaカードのマイル移行制限は、「下限は1ポイント~、上限はなし」となっているため、マイルを貯めすぎてムダにする心配もありません。

ただし、カードのポイント(ワールドプレゼントポイント)の有効期限が2年間となるため、2年以内にマイルに交換しなければポイントが失効してしまう点には注意が必要です。

3.ボーナスポイントは、Tポイント経由でマイルに交換

ボーナスポイントは、Tポイント経由でマイルに交換

ANA VISA Suicaカードは、提携元の三井住友VISAカードと同様、様々なボーナスポイントを用意しています。

たとえば、年間のカード利用額が50万円以上になると、通常のカード利用ポイントに加えてプラス50ポイントからのボーナスポイントがつき、リボ払いを設定すると、さらにカード利用時のポイントが2倍(*1)に、また、三井住友のショッピングモールサイト「ポイントUPモール」を経由して服や日用品・書籍等を購入すると、1,000円につき2~20倍のポイント(プレミアムポイント)が貯まります。

これらのポイントは、直接ANAマイルに交換することはできませんが、他の提携ポイントには交換可能となっているため、ボーナスポイントを一旦、TSUTAYAのTポイント等に交換し、TポイントからANAマイルに交換することで、ムダなくマイルを貯めることができるようになります(*2)。

*1 利用代金のご請求月にリボ払い手数料の請求があることが条件
*2 交換レートは10マイルコースの4分の1(ワールドプレゼントポイント:200ポイント→Tポイント:1,000ポイント→ANAマイル500マイル)

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカード
ボーナスポイント&ボーナスマイル。通勤・旅行・出張で鉄道利用の多い人に!
年会費
2,000円+消費税(初年度無料)※「マイ・ぺいすリボ」を利用すると751円+消費税にオススメ!
マイル&ポイント
5マイルコース…カード利用1,000円につきワールドプレゼントポイント1p=5マイル
10マイルコース…カード利用1,000円につきワールドプレゼントポイント1p=10マイル(マイル移行手数料6,000円+消費税/年)
Suicaチャージ…カード利用1,000円につきワールドプレゼントポイント1p(=5マイルor10マイル)
ボーナスマイル…入会時・継続時に各1,000マイル、フライト利用時+10%
ANAカードマイルプラス…提携店舗利用や対象商品購入で、カード利用とは別に100円(or200円)につき1マイル
ボーナスポイント(ワールドプレゼントポイント)
年間のカード利用額(50万円~300万円以上)に応じてボーナスポイント付与 (例:50万円利用で+50p)
「マイ・ぺいすリボ」利用でポイント2倍
三井住友の「ポイントUPモール」経由でのショッピングでポイント2~20倍
お得な活用方法
マイル移行を2年に1回にすると、1年あたりのマイル移行手数料が半額に
ボーナスポイント(マイル移行不可)をTポイントに交換すると、TポイントからANAマイルに交換可能(例 ワールドプレゼントポイント200p→Tポイント1,000p→ANAマイル500マイル)
あまったポイント(ワールドプレゼントポイント)は、カード利用額に充当可能(1ポイント=3円換算)
キャンペーン
  • 【2017年4月30日まで】
  • 期間中に入会&各種条件を満たすと最大で66,500マイル相当プレゼント!ANAVISACUICAカードなら最大32,500マイルプレゼント!

いかがでしたでしょうか。ANAカードのラインナップの一つとして登場したANA VISA Suicaカードですが、本家ANA VISAカードを上回る使い勝手のよさで、現在、マイラーからの熱い注目を集めています。

これからマイルを貯める方はもちろん、他のマイレージからANAへの切り替えを考えている方も、ANA VISA Suicaカードを活用して、お得なマイルライフを楽しんでみてはいかがでしょう。

Rankingマイレージプログラム比較
ANA「ANAマイレージクラブ」
スターアライアンスに所属する国内大手航空会社。国内線・国際線共に豊富な路線網を持つ。ショッピングやカード利用でのマイル獲得機会が多い。
JAL「JALマイレージバンク」
ワンワールド所属の国内大手航空会社。小田急・東急・JRなどの鉄道会社と多く提携しており、チャージや定期券の購入でもマイルを獲得する機会がある。
UA「マイレージ・プラス」
スターアライアンスに所属する、世界で2番目に大きい航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%をGETできる。
デルタ「スカイマイル」(旧:ワールドパークス)
スカイチーム所属の外資系大手航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%を付与。貯めたマイルに実質の有効期限がない。
大韓航空「スカイパス」
韓国のフラッグシップ。日本への就航便はデルタ航空に次いで多い。マイル有効期間は10年間。航空チケットが安く、予約クラスによるマイル減額も少なめ。
RankingANAカード比較
ANAアメリカン・エキスプレス
入会で3,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA Suicaカード
ANAと三井住友カードが提携・発行するクレジットカード。Suicaとして使うこともでき、マイルをSuicaに交換することができる
ANA JCBカード(一般)
JCBが発行するANAカード。他ブランド(VISA、Master)のANAカードと比較すると交換手数料が安く、50万円以上のカード利用で翌年のポイント還元率がアップ。
ANAダイナースカード
ダイナースクラブが発行するANAカード。高いマイル還元率を誇り、マイルへの交換可能なポイントに有効期限がない。
ANA JCBカード(ワイド)
JCBが発行するANAワイドカード。入会時・継続時に一般カードの2倍のボーナスマイル、毎回のフライトでは2.5倍のボーナスマイルがもらえる。

このページのトップへ