HOME > マイレージまめ知識 > JAL JGC(グローバルクラブ)の魅力

JAL JGC(グローバルクラブ)の魅力 =マイレージまめ知識8=

JGC(ジャル・グローバル・クラブ)

JGC(ジャル・グローバル・クラブ)とは、年間搭乗実績の多い人だけが入会できるJALマイレージバンクの上位会員組織です。
クレジットカードに付帯する空港ラウンジとは異なる、JAL上級会員専用の空港ラウンジの利用や優先チェックインなど、上質なサービスが付帯し、多くのボーナスマイルをゲットすることも可能です。

今回のマイレージまめ知識では、JGCの魅力と入会方法をご紹介していきます。

JAL JGCとは?

JGCは、「JMB FLY ONプログラム」における「サファイア」以上のステイタスを持つ人に入会資格が与えられます。

一度入会すると会員資格が失効しないため、入会後は搭乗回数やポイントに関係なく資格を継続することができます(※「JMB FLY ONプログラム」の「クリスタル」「サファイア」「ダイアモンド」は、達成日の翌年月から翌々年3月末までが有効期限)

【JGCに入会するための条件】
1〜12月の12ヵ月間に、「FLY ON ポイント」を合計50,000ポイント以上所持していること、あるいは搭乗回数50回以上で15,000ポイント以上の搭乗実績があること※1
JGC JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカードのいずれかに入会すること
JALグローバルクラブの規約を遵守すること
※1:JALカード会員が搭乗毎に積算されるボーナスマイルはFLY ON ポイントの対象にならないため注意が必要。

FLY ON ポイント

FLY ON ポイントは、JALグループ便もしくはワンワールド加盟航空会社便に搭乗する際、マイルとは別に積算されるポイントです。国際線を利用した場合は1マイル=1FLY ON ポイント(中国・香港・アジア・オセアニア線は1マイル=1.5FLY ON ポイント)、国内線を利用した場合は1マイル=2FLY ON ポイントが貯まります。

JAL JGCの魅力的な特典

JAL JGCの魅力的な特典

JGCの最大の魅力は、充実した航空系のサービスを受けられる点です。

専用カウンターでの優先チェックイン、JAL上級会員専用の空港ラウンジの無料利用、優先的に手荷物の引渡しをしてくれる「プライオリティ・バッゲージサービス」など、一般的なゴールドカード以上のサービスを利用できます。

また、搭乗毎に区間マイルの+35〜125%のボーナスマイルがプレゼントされる点も大きな魅力です。

【JGCの魅力的な特典】
@空港でのラウンジ利用 国内線、国際線のサクララウンジ、JGCラウンジを無料で利用できる
Aボーナスマイル 搭乗:区間マイルの35〜125%のマイルをプレゼント(ただしJALカード、JALグローバルクラブの搭乗ボーナスマイルとの重複はなし)
B優先チェックインサービス 国内線はJGCカウンター、国際線はファーストクラスカウンターで優先チェックインができる
C受託手荷物の優待 重量制:基準+10〜20kgまで超過料金無料
個数制:基準+1〜2個まで超過料金無料
Dプライオリティバッゲージサービス チェックインの最にJGCカードを提示すると、到着空港で優先的に手荷物を引き渡してもらえる
Fワンワールド・エリートステイタス JCG会員は、ワンワールド加盟航空会社の搭乗時にも優先空席待ち、専用カウンター利用、空港ラウンジ利用、優先搭乗などのサービスを利用できる

その他、JGC会員はワンワールド加盟航空会社の搭乗時にも空港ラウンジ・専用カウンター利用、優先搭乗、優先空席待ちなどのサービスを受けられます。

JAL JGCに入会する方法とは?

JAL JGCの入会方法

これまで、JGCの概要と人気の秘密をご紹介しましたが、もう少し具体的に入会条件をクリアするための方法を解説していきます。

入会条件の1つである「50,000FLY ON ポイント(※chapter1参照)」をクリアするためには、エコノミーの普通運賃で東京・ニューヨーク間を4往復、割引運賃で6往復する必要があります。

もう1つの条件である「搭乗回数50回以上で15,000ポイント以上の搭乗実績」もハードルはかなり高いですが、JGC会員を目指す人のなかには沖縄の離島巡りをしたり、乗り継ぎの回数を多くするなど、工夫をこらしてクリアする方が多いようです。
JGCの入会資格を得るために旅行や搭乗をする方も多く、これらの行動は「JGC修行」と呼ばれています。

ポイントやマイルを貯めるために飛行機に乗ることは、普通の感覚からすると「趣旨がずれているのでは?」と感じるかもしれません。しかし、前述したようにJGCは一度入会すると永久会員になれるため、「お金と時間をかけてでも入会資格を得る価値はある」と考える方が多いようです。

上質なサービスを経験する裏ワザ

JGCはJALカードに入会せずに取得することも可能(※JGC入会時には必要)ですが、JALカードに入会しておけば、フライトによるボーナスマイルを獲得できるため、効率よくマイルを貯めることができます。JGC会員を目指している方で、まだJALカードに入会していない方は忘れずに入会しておきましょう。

【おすすめのJALカード】
  CLUB-Aゴールドカード JALダイナースカード
  CLUB-Aカード(VISA) JALダイナースカード
年会費 16,000円+消費税 28,000円+消費税
フライトマイル
  • 入会後の初回搭乗:5,000マイル
  • 毎年の初回搭乗:2,000マイル
  • フライト毎:区間マイル+25%
  • 入会後の初回搭乗:5,000マイル
  • 毎年の初回搭乗:2,000マイル
  • フライト毎:区間マイル+25%
ショッピングマイル 100円につき1マイル 100円につき1マイル
自動付帯保険
  • 国内旅行保険:最高5,000万円
  • 海外旅行保険:最高1億円
  • ショッピングガード保険:国内外においてカードで購入された品物の損害を、購入日から90日間、年間300万円まで補償
  • 国内旅行保険:最高1億円
  • 海外旅行保険:最高1億円
  • ショッピングガード保険:国内外においてカードで購入された品物の損害を、購入日から90日間、年間500万円まで補償
付帯サービス
  • 提携カード会社の空港ラウンジの無料利用
  • JALエグゼクティブクラスカウンターでのチェックイン
  • 会員誌「アゴラ」やJALオリジナルカレンダーの送付
  • 機内販売・免税店・JALホテルズでの割引
  • JALカード会員限定運賃「JALビジネスきっぷ」の利用
  • 世界37都市のトラベルデスクが、レストラン・ホテル・航空券の予約や手配を日本語でサポート(トラベル・アシスタンス)
  • 会員専用の空港ラウンジ(クラブラウンジ)を無料で利用できる
  • 「エグゼクティブクラス」カウンターでの優先チェックイン
  • 機内販売・免税店・JALホテルズでの割引
  このサイトに行く このサイトに行く

また、本特集を見て「JALマイルを貯めているがJGCの資格取得は難しい・・・」と思われた方は、JGC同様高いステイタスを誇り、特別なサービスを受けられるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードへの入会も選択肢の一つです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレジットカード最高のステイタスを誇るプラチナクラスのカードで、世界500ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」が付帯する等、JGCにはないサービスを利用できます。また、「ショッピングマイルプラン」に登録すると、カード利用時のマイル還元率は1.1〜1.9%とJALカードを上回るマイルの獲得を期待できる点も魅力です。

ショッピングマイルプランへの登録は、通常4,000円+消費税の年会費が必要ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには無料で付帯しています。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード

年会費 本会員年会費:20,000円+消費税(税込)
※年間200万円以上のカード利用で次年度半額(10,000円+消費税)
JALマイル
  • ショッピングマイルプラン
    1,000円につき10マイル(※年会費、移行手数料無料)
  • ポイント移行コース
    1ポイント2マイル。「永久不滅どっとコム」などのボーナスマイルを移行可能(※移行手数料無料)
特典
  • プライオリティパスに無料登録
    世界100カ国以上、600ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録できる。(※通常は年会費399米ドル)
  • 国内空港ラウンジの無料利用
    国内30ヶ所以上の主要空港ラウンジを無料利用できる
  • コンシェルジュサービス
    カード会員からの相談、問い合わせに専任のスタッフが24時間対応
  • コナミスポーツクラブの利用
    「コナミスポーツクラブ」の国内190以上の施設を利用料のみで利用できる
  • オントレ
    一流ホテルやエアライン、レストラン、ショッピングなどあらゆるシーンでの厳選された優待サービスを提供
  • 割引サービス
    毎月5日と20日に西友・リヴィン・サニーでセゾンカードを利用すると、食料品から衣料品まで5%OFFに。
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングプロテクション:カードで購入した商品の破損・盗難などを、購入日から120日間、年間最高300万円まで補償
関連特集

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを詳しく知りたい方はこちら!
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとJALのマイル」

  このサイトに行く

JGCを目指す方は効率的なフライト利用がカギを握ります。本特集や上級マイラーの口コミなどを参考に、かしこく無駄なく入会条件をクリアしましょう。

マイレージ比較
1位ANA「ANAマイレージクラブ」
スターアライアンスに所属する国内大手航空会社。国内線・国際線共に豊富な路線網を持つ。ショッピングやカード利用でのマイル獲得機会が多い。
3位JAL「JALマイレージバンク」
ワンワールド所属の国内大手航空会社。小田急・東急・JRなどの鉄道会社と多く提携しており、チャージや定期券の購入でもマイルを獲得する機会がある。
3位UA「マイレージ・プラス」
スターアライアンスに所属する、世界で2番目に大きい航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%をGETできる。
2位デルタ「スカイマイル」(旧:ワールドパークス)
スカイチーム所属の外資系大手航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%を付与。貯めたマイルに実質の有効期限がない。
5位大韓航空「スカイパス」
韓国のフラッグシップ。日本への就航便はデルタ航空に次いで多い。マイル有効期間は10年間。航空チケットが安く、予約クラスによるマイル減額も少なめ。
もっと詳しく
JALカード
1位JALカードSuica
JR東日本提携のJALカード。カード利用のマイル積算に加えて、定期券購入やSuicaチャージでビューサンクスポイントが貯まり、マイルに交換できる。
2位JALカード TOP&ClubQ
東急提携のJALカード。カード利用のマイル積算に加えて、東急百貨店・東急ストアなどの利用でTOKYUポイントが貯まり、マイルに交換できる。
3位JAL ダイナースカード
世界で初めてクレジットカードを発行したダイナースクラブとJALが提携・発行するカード。圧倒的なブランド力と充実した付帯サービスが魅力。
4位JAL・MasterCard/VISAカード
MasterCard・VISAカードとJALが提携・発行するJALカード。「JMB WAONカード」と併用すると、WAONチャージでマイルをゲットできる。
5位AEON JMBカード
イオン提携の年会費無料JALカード。カード利用とWAON利用でマイルが貯まる。毎月20日・30日はジャスコ、マックスバリュ、メガマートで5%割引
もっと詳しく