航空機遅延保険が付帯するクレジットカードを比較。おすすめはどれ?

DeNAトラベル

航空機遅延保険が充実したクレジットカードを比較

マイレージまめ知識

最終更新日|

キャッチ画像

飛行機をよく利用する方であれば、飛行機の遅延や欠航を経験したことがある人は多いのではないでしょうか。飛行機が遅延・欠航すると、次の飛行機への乗り継ぎが上手くいかず、空港で何時間も過ごすことや、宿泊せざるを得ない状況になることも。予定にない出費が必要になり、イライラしてしまう人も多いはずです。
そんな時に活躍するのが、「航空機遅延保険」。航空機遅延保険を利用すれば、条件により食事代やホテル代、衣類代などが補償され、飛行機が出発するまでの時間をより有意義に過ごすことができます。

航空機遅延保険は、海外旅行保険でも申し込むことができますが、おすすめなのは、クレジットカードに付帯する保険を活用する方法です。クレジットカードを持っていると、フライトのたびに保険に加入する煩わしさがなくなるだけでなく、空港ラウンジ、手荷物宅配サービスなど、様々な特典も利用することができます。
そこで今回は、航空機遅延保険が充実したクレジットカードを比較&ご紹介。本特集を参考に、自分に合った航空機遅延保険が付帯したクレジットカードを見つけましょう。

航空機遅延保険とは?

航空機遅延保険には、全部で4つの補償が含まれています。

例:オリコカード・ザ・ワールドの場合

  • 乗り継ぎ遅延費用…到着機の遅延により、出発機に乗れず、到着から4時間以内に代替機の利用ができない場合の食事代または宿泊費を補償する
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用…航空機の遅延、欠航または搭乗が不可能になり、予定時刻から4時間以上の遅延または4時間以内に代替機の利用ができない場合の食事代を補償する
  • 受託手荷物遅延…航空機が着陸して6時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合、衣類や生活必需品の購入費を補償する
  • 受託手荷物紛失…航空機が着陸して48時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合、衣類や生活必需品の購入費を補償する

航空機遅延保険の注意点

航空機遅延保険を利用する場合、保険金の請求時に以下の2つが必要になります

  • 航空機や受託手荷物の遅延・欠航証明書(原本)
  • 利用した費用分のレシート(原本)

①の証明書は、チェックインカウンターで申し込めばもらうことができます。
②のレシートも必要となるケースが多いため、必ず保存しておきましょう。
保険の申請は、飛行機の遅延や欠航から30日以内の申し込みが必要になるケースが一般的。時間を置くと、申請を忘れてしまうこともあるため、帰宅後すぐに申請しましょう。
また、補償の対象となる費用(遅延に関連した出費に限定)や、飛行機の遅延時間(予定時刻から何時間程度遅れたか)、手荷物紛失時の状況(着陸から何時間不明となっているか)などの適用条件がある点にも注意が必要です。

航空機遅延保険が付帯するクレジットカード

それでは、実際に航空機遅延保険が付帯するクレジットカードを見てみましょう。

航空機遅延保険が付帯するおすすめのクレジットカード

  • ドコモユーザーにおすすめ
  • 国内旅行の航空機遅延も補償
年会費 10,800円(税込)
航空機遅延保険
  • 国内旅行:自動付帯
  • 海外旅行:自動付帯
  • 乗継遅延:最大2万円まで
  • 手荷物遅延:最大1万円まで
  • 手荷物紛失:最大2万円まで
  • 出航遅延:最大1万円まで
航空機遅延保険対象者 本人、家族
ポイント
  • 通常:100円につき1ポイント
  • dカード特約店:100円につき2ポイント~※店舗により異なる
  • ドコモの携帯/ドコモ光支払い:1,000円につき100ポイント
マイルへの移行 JALマイル
  • 5,000ポイント→2,500マイル
主な付帯特典
  • 国内旅行保険:最大5,000万円(自動付帯)
  • 海外旅行保険:最大1億円(自動付帯)
  • 主要な国内空港のラウンジ28ヵ所を無料で利用可能
  • dポイントクラブゴールドステージへの優待 など
特徴 dカードゴールドは、NTTドコモが発行するゴールドカード。dカードゴールドの特徴は、海外旅行だけではなく、国内旅行の航空機遅延も自動で補償する点。両方を自動で補償するクレジットカードは少なく、さらに国内・海外ともに補償金額が変わらない点も嬉しい。また、クレジットカードの本人会員のみならず、家族も補償対象となっている。
国内・海外旅行保険も自動付帯となっており、国内の空港ラウンジ28ヵ所も利用可能。空港ラウンジは、同伴者の無料特典などはなく本人会員のみの利用となるが、家族カード会員は本会員と同様に利用できる。ドコモの携帯料金や、ドコモ光の支払いはポイント10倍になるため、特にドコモユーザーは持っておきたい1枚。

dカードゴールド に行く

  • セゾンマイルクラブでJALマイル4.5倍
  • 初年度無料のゴールドカード
年会費 10,800円(税込) ※初年度年会費無料
航空機遅延保険
  • 国内旅行:付帯せず
  • 海外旅行:自動付帯
  • 乗継遅延:最大3万円まで
  • 出発遅延:最大3万円まで
  • 寄託手荷物遅延:最大10万円まで
航空機遅延保険対象者 本人、家族
ポイント
  • 通常:1,000円につき1.5ポイント
  • 海外利用:1,000円につき2ポイント
マイルへの移行 JALマイル
  • 200ポイント→500マイル
  • セゾンマイルクラブに入会すると、クレジットカード利用1,000円につきJALマイルを10マイル付与(※年会費4,320円(税込))
ANAマイル
  • 200ポイント→600マイル
主な付帯特典
  • 国内旅行保険:最大5,000万円(自動付帯)
  • 海外旅行保険:最大5,000万円(自動付帯)
  • 1,000ヵ所以上の海外の空港を利用できるプライオリティ・パスへ、優遇年会費で入会可能
  • 主要な国内空港ラウンジを無料で利用可能 など
特徴 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、大手クレジットカード会社のクレディセゾンと、アメリカン・エキスプレスが提携、発行するクレジットカード。
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴は、寄託手荷物遅延の補償額が高い点。他のクレジットカードに付帯する航空機遅延補償と比較すると、3倍以上の10万円という高い補償を受けられるうえ、補償の適用条件も他社と同等になっている。例えば、出張等でスーツなどの比較的高額な手荷物を持って移動する場合も安心感があるだろう。
また、海外旅行でのカード利用は1,000円につき2ポイントと、他のセゾンカードの倍が付与される。その他の付帯特典も充実しており、海外旅行に行く際に持っておきたい1枚だろう。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード に行く

  • 初年度年会費無料
  • 世界中の空港ラウンジを利用可能
年会費 31,320円(税込) ※初年度年会費無料
航空機遅延保険
  • 国内旅行:付帯せず
  • 海外旅行:自動付帯
  • 乗継遅延:最大2万円まで
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能:最大2万円まで
  • 受託手荷物遅延:最大2万円まで
  • 受託手荷物紛失:最大4万円まで
航空機遅延保険対象者 本人
ポイント
  • 通常:100円につき1ポイント
  • ボーナスポイント・パートナーズ:100円につき2ポイント~※店舗により異なる
  • ぐるなびネット予約:来店人数×100ポイント
マイルへの移行 ANAマイル
  • 2,000ポイント→1,000マイル
  • ANAマイルへの移行は、「メンバーシップ・リワードANAコース」への入会が別途必要(年会費5,400円(税込))
  • 別途「メンバーシップ・リワード・プラス」に入会した場合、1,000ポイント→1,000マイルで移行可能(年会費3,240円(税込))
デルタ航空、シンガポール航空など14航空
  • 2,000ポイント→1,000マイル
主な付帯特典
  • 国内旅行保険:最大5,000万円(利用付帯)
  • 海外旅行保険:最大1億円(自動付帯)
  • 1,000ヵ所以上の海外の空港を利用できるプライオリティ・パスへ年会費無料で登録可能
  • カード会員1人につき、スーツケース1つを無料で宅配する手荷物無料宅配サービス など
特徴 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行するゴールドカード。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴は、航空機遅延保険はもちろん、プライオリティ・パスの無料付帯や、オーバーシーズ・アシストといった、海外旅行に関する付帯特典が充実している点。自宅までスーツケースを送れる手荷物無料宅配サービスや、1,000円分の食事券がもらえるエアポート・ミール等のサービスもあり、出発から帰宅までストレスなく過ごすことができる。また、海外ホテルの予約代金の割引サービスや、フライトのキャンセル費用を10万円まで補償する「キャンセル・プロテクション」なども提供。安心して海外旅行に行ける付帯特典が充実しており、チェックしておくべき1枚だろう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード に行く

  • 初年度年会費無料
  • マイル移行手数料無料
年会費 9,800円(税込) ※初年度年会費無料
航空機遅延保険
  • 国内旅行:利用付帯
  • 海外旅行:自動付帯
  • 乗継遅延:最大3万円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能:最大3万円
  • 受託手荷物遅延:最大3万円
  • 受託手荷物紛失:最大10万円
航空機遅延保険対象者 本人
ポイント
  • 通常:100円につき1ポイント
  • 海外利用:100円につき2ポイント
  • オリコモールの利用:100円につき1ポイント~15ポイント ※店舗により異なる
マイルへの移行 JALマイル
  • 1,000ポイント→500マイル
ANAマイル
  • 1,000ポイント→600マイル
主な付帯特典
  • 国内旅行保険:最大5,000万円(利用付帯)
  • 海外旅行保険:最大5,000万円(自動付帯)
  • 空港宅配サービス(※出発時のみ)
  • 主要国内空港のラウンジを無料で利用可能 など
特徴 オリコカード・ザ・ワールドは、大手信販会社のオリコが提供するクレジットカード。
オリコカード・ザ・ワールドの特徴は、貯めたポイントをJALやANAのマイルに手数料・登録費無料で移行できる点。通常、ポイントをANAマイルへ移行する際にはコースへの登録と別途年会費がかかるが、オリコカード・ザ・ワールドでは無料。また、受託手荷物紛失時の補償が最大10万円となっている点も嬉しい。
さらにポイントは、海外でのカード利用は通常の2倍、100円につき2ポイントが貯まる。オリコモールで買い物をした場合は、最大で100円につき15ポイントが付与されるため、ポイントを貯めやすい。
補償が充実しており、ポイントも貯めやすいオリコカード・ザ・ワールドは、おすすめのクレジットカード。

オリコカード・ザ・ワールド に行く

航空機遅延保険のお得な使い方

航空機遅延保険のお得な使い方

航空機遅延保険は、主に食事代、宿泊費を補償しており、上限金額内までの飲食・宿泊関連費用であれば使途は自由です。宿泊するほど出発時間が延びなかった…という場合も多いため、食事代として利用するのがおすすめ。空港側の問題で宿泊が必要になった場合は、空港がホテルを手配している場合もあります。

また、特にLCCを利用するときは、航空機遅延保険を用意しておくのがおすすめです
LCC(格安航空会社)は、フライトの間隔を狭めて運航本数を増やすことにより、利益を出しています。そのため、1機の遅れが、次のフライトの遅延も招きやすく、それが航空会社全体の遅延率を高めることにつながっています。また、中古の機体や機材を利用している場合があり、整備に時間がかかるケースも。
国土交通省が、2016年1月~3月に遅延、欠航した飛行機を、航空会社別に調査したデータによると、LCCの遅延率は、大手航空会社の約2~3倍に上ります。

航空会社の遅延率
JAL 8.66%
ANA 9.64%
ジェットスター 27.14%
ピーチ 20.41%
  • 季節や就航路線、運行本数により確率は異なる

PDF 国土交通省「特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報公開(平成28年1~3月)のポイント」

もちろん、季節や就航路線により違いはあるものの、LCCを利用する場合は、特に航空機遅延保険が付帯するクレジットカードを持っていると、万一のことがあったときに安心できるでしょう。

まとめ

航空機遅延保険が充実したクレジットカードの比較特集はいかがでしたか?
航空機遅延保険を利用すると、食事代や宿泊費だけではなく、日用品や衣類の費用も補償することができます。また、今回ご紹介したクレジットカードは、全て空港ラウンジの利用ができるため、代替機の出発まで空港ラウンジでゆっくりと過ごすことも可能です。
皆さんも、航空機遅延保険が付帯するクレジットカードを活用して、飛行機の出発までの時間を楽しく使いましょう!

spgカード