アメックスとマイル。世界最高峰のブランド力を誇るアメックスの魅力とは?

アメックスとマイル

マイレージまめ知識3

最高峰のT&Eカード、アメックスの魅力chapter1

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックス)は、ダイナースクラブカードと並んで、世界最高峰のステイタスを誇るクレジットカードです。
国内28空港・海外2空港でのラウンジの無料利用、空港での無料ポーターサービスなど、最高級のT&E(トラベル&エンタテイメント)サービスを提供しており、マイルを貯める上でも大きなメリットがあります。
「マイレージまめ知識」の第3回では、マイルが貯まるクレジットカードの1つとして、アメックスの魅力をご紹介していきます。

アメックスとマイルchapter2

アメックスとマイル

アメックスには、グリーンカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラック(センチュリオン)の4つのステイタスがあり、年会費はそれぞれ1万2,600円、2万7,300円、13万6,500円円、36万7,500円となっています。

アメックスの一般カードが持つステイタスは他社のゴールドカード相当と言われており、年会費は「一般カード」というイメージからすると、やや高めです。しかし、そのぶん魅力的な特典やサービスを受けることができます。

例えば、アメックスではカード利用100円ごとに1ポイントが貯まり、アメックスの「メンバーシップ・リワード・プラス(※年会費3,000円+消費税)」に入会することで、貯めたポイントを1,000ポイント=1,000マイル換算で航空会社13社のマイルに交換することができます。
メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ポイントの有効期限が無期限になるため、アメックスが提携する14の航空会社(下記)のマイルを、実質無期限で貯められるようになります。

アメックス・フリークエント・フライヤー・プログラム 提携航空会社check

ANA(全日空) チャイナエアライン デルタ航空 ヴァージン アトランティック航空 デルタ航空 タイ国際航空 キャセイパシフィック航空 シンガポール航空 ブリティッシュ・エアウェイズ スカンジナビア航空 フィンランド航空 中国南方航空 エティハド航空 エミレーツ航空

なお、提携会社のうちANAマイルへのポイント移行の際は、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加(年会費5,000円+消費税)が別途必要となり、年間80,000マイルまでを上限にANAマイルに移行できます。

その他、チャイナエアライン・デルタ航空・タイ国際航空・シンガポール航空などのマイレージプログラムにもポイントを移行でき、これらの外資系航空会社のマイルには移行上限が設けられていない点が魅力です。

アメックスがANAと提携して発行する「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、年会費6,000円+消費税の「ポイント移行コース」に参加することで、アメックスのポイントを1,000ポイント=1,000マイルでANAマイレージクラブのマイルに交換できます。そのほか、入会・継続・フライトでボーナスマイルがつく点、ANA航空券・機内販売利用でのポイント優待(1.5倍)など、ANA利用時の特典が充実しており、ANAマイラーにとって非常に利用価値の高いカードです。

旅行に役立つアメックスの傷害保険&ショッピング保険chapter3

旅行に役立つアメックスの傷害保険&ショッピング保険

アメックスのグリーンカードには国内旅行傷害保険が・海外旅行傷害保険ともに最高5,000万円が付帯します。カードで購入した商品に関しても、購入日から90日間・年間最高500万円まで損害補償を受けられるので、国内・海外でも安心して買い物をすることができます。
また、空港・自宅までスーツケース1個を送ることができる「手荷物無料宅配サービス」や、空港内の荷物の移動で利用できる「無料ポーターサービス」も付帯。

ANA・アメリカン・エキスプレス・カードの付帯保険は、国内旅行傷害保険が最高2,000万円、海外旅行傷害保険が3,000万円。ショッピング保険やオンライン保険は、通常のアメックスと同様に付帯します。
航空券やツアー料金等の支払いをカードで行うなど、諸条件はありますが、一般のクレジットカードにはあまり見られない充実した保険サービスと言えるでしょう。

マイラーにおすすめのアメックスcheck

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
年会費
7,000円+消費税
利用限度額
会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定
ポイントとマイル
  • 通常…カード利用100円につき1ポイント※ANAグループでのカード利用(チケット、ツアー、機内販売)で1.5倍オススメ!
  • 毎年のカード継続時1,000ポイント※貯めたポイントは1ポイント=1マイルでANAのマイルに交換可能
  • フライトボーナス…区間基本マイレージの+10%
  • Edy利用…200円につき1マイル
マイルへの移行
ポイント移行コース:6,000円+消費税(/年 自動更新)※ポイント移行上限なしオススメ!
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高3,000万円
  • 国内旅行障害保険…最高2,000万円
  • ショッピング・プロテクション…200万円(購入から90日間以内)
  • オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償
その他サービス
  • 空港ラウンジ…国内28空港・海外2空港のラウンジ利用※同行者1名まで無料
  • メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート
入会キャンペーン
  • 【2015年4月30日まで】
  • 新規入会&カード利用で最大30,000マイル相当をプレゼント
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
年会費
12,000円+消費税
利用限度額
会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定
ポイントとマイル
  • 通常…カード利用100円につき1ポイント
  • ※貯めたポイントは2,000ポイント=1,000マイルで提携航空会社14社のマイルに交換可能。
  • ※メンバーシップ・リワード・プラス(年3,000円+消費税)に登録すると移行レートが1,000ポイント=1,000マイルにアップ
マイルへの移行
ANAの場合…「メンバーシップ・リワード - トラベラーズ特典 ANAコース」(年会費5,000円+消費税)。ポイント移行の上限は年間80,000ポイント
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高5,000万円
  • 国内旅行障害保険…最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション…500万円(購入から90日間以内)
  • オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償
  • リターン・プロテクション…1商品につき最高3万円相当額までの返品に対応(購入から90日間以内)
その他サービス
  • 空港ラウンジ…国内28空港・海外2空港のラウンジ利用※同行者1名まで無料
  • 手荷物無料宅配サービス…空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送
  • 無料ポーターサービス…専任スタッフが荷物を運搬(成田、関空)
  • エアポート送迎サービス…海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をチャーター、利用可能地域内の指定の場所と空港間を格安料金で送迎
  • メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート
入会キャンペーン
  • 【2015年4月30日まで】
  • 入会後1カ月以内に5万円以上のカード利用でもれなくギフトカード5,000円分
アメリカン・エキスプレス・ゴールド
アメリカン・エキスプレス・カード
年会費
29,000円+消費税
利用限度額
会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定
ポイントとマイル
  • 通常…カード利用100円につき1ポイント
  • ※貯めたポイントは2,000ポイント=1,000マイルで提携航空会社14社のマイルに交換可能。
  • ※メンバーシップ・リワード・プラス(年3,000円+消費税)に登録すると移行レートが1,000ポイント=1,000マイルにアップ
マイルへの移行
ANAの場合…「メンバーシップ・リワード - トラベラーズ特典 ANAコース」(年会費5,000円+消費税)。ポイント移行の上限は年間80,000ポイント
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高1億円
  • 国内旅行障害保険…最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション…500万円(購入から90日間以内)
  • オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償
  • リターン・プロテクション…1商品につき最高3万円相当額までの返品に対応(購入から90日間以内)
その他サービス
  • 空港ラウンジ…国内28空港・海外2空港のラウンジ利用※同行者1名まで無料
  • 手荷物無料宅配サービス…空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送
  • 無料ポーターサービス…専任スタッフが荷物を運搬(成田、関空)
  • エアポート送迎サービス…海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をチャーター、利用可能地域内の指定の場所と空港間を格安料金で送迎
  • メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート
入会キャンペーン
  • 【2015年4月30日まで】
  • 入会後1カ月以内に10万円以上のカード利用でもれなくギフトカード10,000円分

アメックスを利用してワンランク上のマイルライフをchapter4

14社もの航空会社のマイルにポイントを交換でき、特別感のあるサービスを受けられるアメックスは、多くのマイラーにとって憧れの1枚です。

世界最高峰のブランド力を持つと言われるアメックスですが、入会基準は「20歳以上で定職がある方」と比較的ハードルが低いこともあり、申し込みを検討する価値は充分にあります。

ブランド力や高いマイル還元率のカードを探している方は、アメックスを候補の一つにしてみてはいかがでしょう。

Rankingマイレージプログラム比較
ANA「ANAマイレージクラブ」
スターアライアンスに所属する国内大手航空会社。国内線・国際線共に豊富な路線網を持つ。ショッピングやカード利用でのマイル獲得機会が多い。
JAL「JALマイレージバンク」
ワンワールド所属の国内大手航空会社。小田急・東急・JRなどの鉄道会社と多く提携しており、チャージや定期券の購入でもマイルを獲得する機会がある。
UA「マイレージ・プラス」
スターアライアンスに所属する、世界で2番目に大きい航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%をGETできる。
デルタ「スカイマイル」(旧:ワールドパークス)
スカイチーム所属の外資系大手航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%を付与。貯めたマイルに実質の有効期限がない。
大韓航空「スカイパス」
韓国のフラッグシップ。日本への就航便はデルタ航空に次いで多い。マイル有効期間は10年間。航空チケットが安く、予約クラスによるマイル減額も少なめ。
RankingANAカード比較
ANAアメリカン・エキスプレス
入会で3,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA Suicaカード
ANAと三井住友カードが提携・発行するクレジットカード。Suicaとして使うこともでき、マイルをSuicaに交換することができる
ANA JCBカード(一般)
JCBが発行するANAカード。他ブランド(VISA、Master)のANAカードと比較すると交換手数料が安く、50万円以上のカード利用で翌年のポイント還元率がアップ。
ANAダイナースカード
ダイナースクラブが発行するANAカード。高いマイル還元率を誇り、マイルへの交換可能なポイントに有効期限がない。
ANA JCBカード(ワイド)
JCBが発行するANAワイドカード。入会時・継続時に一般カードの2倍のボーナスマイル、毎回のフライトでは2.5倍のボーナスマイルがもらえる。

このページのトップへ