期限切れ間近のANAマイルの使い道と、賢いマイルの貯め方とは

DeNAトラベル

期限切れ間近のANAマイルの使い道と賢いマイルの貯め方

マイレージまめ知識

最終更新日|

キャッチ画像

ANAマイルは、1万マイル貯めることができれば、提携ポイントや特典航空券への交換等、使い道が大きく拡がります。その一方で1万マイル貯めるのは決して簡単ではないため、1万マイル以下のマイルをどう使うべきか迷っているうちに、マイルの有効期限が過ぎてしまうことも。
ただ、実は1万マイル以下のマイルも、少し工夫することで有効活用することが可能です。

今回のマイレージ比較の特集は、期限切れ間近のマイルの使い道と、マイルを賢く貯める方法を詳しくご紹介。
期限切れ間近のマイルをどうしようか悩んでいる方や、特典航空券に交換した後の端数マイルの使い道を探している方は、本特集をぜひ最後までチェックしてみてください。

期限切れ間近のANAマイルの使い道
3,000マイル未満:「トラノコ」を利用してANAマイルを少額投資する

期限切れ間近の少額ANAマイルの使い道を探している方に朗報です。

2019年2月14日、おつりで少額投資ができるサービス「トラノコ」が、ANAのマイルを投資に回せる日本初のサービス「マイルで投資」をリリース。これによって、1万マイル以下の少額マイルを投資に回し、運用することができるようになりました。
とはいっても、「トラノコとは何か?」「おつりで少額投資とはどういうこと?」「マイルで投資ができるって何?」等、疑問を持つ方も多いのでは。
以下では、おつり投資アプリ「トラノコ」と、「マイルで投資」について詳しく解説していきます!

おつり投資アプリ「トラノコ」とは?

トラノコは、クレジットカードや電子マネーで決済した金額のおつりを最低5円から投資できるサービスです
トラノコが提供する「トラノコおつりサービス」や、家計簿アプリの「マネーフォワード」や「Zaim」と連携することで、クレジットカードや電子マネーの決済時に、指定した単位(100円・500円・1000円)で支払った場合の「おつり(=端数)」を自動で計算し、データを取得。そのおつりデータを少額投資に回すことができるのです。

  • 5円から投資可能
  • 登録後3ヶ月は利用料・出金手数料無料
最低投資額 5円
手数料
  • 利用料 : 278円(税抜)/月 ※登録後3ヵ月は無料
  • 出金手数料 : 278円(税抜)/月 ※登録後3ヵ月は無料
  • 運用報酬 : 0.3%(税抜)/年
  • 監査費用等手数料 : 純資産の0.1%/年

トラノコ に行く

おつり投資の仕方は?

ANAの旅割を徹底攻略!ANAの飛行機を最安値で予約しよう!

トラノコでは、毎日おつりデータが更新されます。おつり投資をする際は、そのデータから「投資する/しない」を判断し、リスク許容度に応じた3つのファンドから好きなものを選ぶだけ。月1回の「投資額締め日」に、その月の投資金額が確定し、確定した投資額は、楽天銀行住信SBIネット銀行など、提携金融機関の口座から手数料無料で引き落とされます。その後、運用開始日に、引き落とした投資額の運用が開始される仕組みです。

また、投資を開始した後は、アプリでいつでも運用状況を確認でき、いつでも投資を中断し、出金することができます。(※出金は1件につき税込278円の手数料が必要)
ちなみに、おつりは「100円単位」「500円単位」「1000円単位」の3段階で設定することができ、投資上限額も決められるのも安心できるポイントと言えるでしょう。

期限切れ間近のマイルを投資!「マイルで投資」の使い方

トラノコの「マイルで投資」は、ひと月1,000マイルを上限に、ANAマイルを50%の交換レートでトラノコポイントに交換し、1トラノコポイント=1円換算で投資に回すことができます。「マイルで投資」は現金ではなく、期限切れ間近の少額マイルを投資に利用できるため、ハードルが低く、投資初心者でも気軽に始められる点が大きなメリットです。
ちなみに、マイルで投資は、トラノコアプリからANAマイレージバンクのIDを入力し、連携することで簡単に利用できます。
期限切れが間近に迫った少額ANAマイルの使い道に困っている方は、トラノコを利用してマイルで投資を始めてみてはいかがでしょう?

  • ポイント交換率50% (例)1,000マイル⇒500トラノコポイント

豆知識 トラノコの利用でANAマイルをゲット!

トラノコを利用すると、投資額にかかわらず、連携するポイントやマイルをもらうことができます。ANAマイルも毎月付与の対象となっており、投資額にかかわらず、トラノコを利用することで毎月5マイル付与。また、トラノコの口座開設後、12回の投資を実行した方には、700マイルゲットできます。12回の投資実行前に解約すると、マイル付与の対象外となる点には注意が必要ですが、ANAマイラーであればチェックしておくべき、お得なサービスと言えるでしょう。

期限切れ間近のANAマイルの使い道
3,000マイル未満:ANAで使えるポイント/提携サービスのクーポンと交換する

所持しているANAマイルの期限切れが間近の場合、マイルの期限が切れる前に「ANA SKYコイン」や「ANAマイレージモール」が提携するショップで利用できる割引クーポン等と交換するのも選択肢の一つ。
たとえばANA SKYコインは、1マイル単位で、1~9,999マイルまでは1マイル=1コインの交換レートで交換することができます。ANA SKYコインは、ANAの航空券や旅行商品の支払いに10円単位(=10コイン)で利用可能です。

期限切れ間近のマイルをANA SKYコインに交換する場合

  • 交換レート:1マイル=1SKYコイン(1~9,999マイルの場合)
    ※10,000マイル以上の場合、交換マイル数とANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードに応じて交換レートが変動
  • 有効期限:交換月より12カ月目の末日
  • 必要最低マイル数1マイル

また、「ANAマイレージモール」では、1,000マイル=1,000円換算で提携するショップの電子クーポンに交換することもできます。
その他にも、国内グルメやトラベルグッズを購入できる通販サイト「ANAショッピングA-style」でショッピングに利用する、機内や陸上で映画などを楽しめる動画配信サービス「ANAシアター」での作品レンタルに利用する等、ANAマイルは、ANAの各種関連サービスでも利用可能となっているため、期限切れが迫った端数のマイルの使い道に困っている方は、チェックしてみると良いでしょう。

1,000マイルからクーポンに交換できる提携ショップ

  • メガネ通販のZoffオンラインストア
  • Safari Lounge
  • ディノスeクーポン
  • 集英社 FLAG SHOP
  • ブルックス ブラザーズ ジャパン オンラインショップ 等

期限切れ間近のANAマイルの使い道
5,000マイル以上/3,000マイル以上:特典航空券/2019年度限定特典航空券に交換する

〈空港で申し込んだ場合〉

5,000マイル以上ANAマイルが貯まっている方で、マイルの期限切れが迫っているという場合は、特典航空券への交換を検討してみてはいかがでしょうか?
特典航空券とは、マイルを貯めることで交換できる無料の航空券のことで、ANAでは、1区間(片道)5,000マイルから特典航空券に交換することができます。
特典航空券の有効期限は、発行日から1年間となっているほか、予約変更にも対応しており、予約変更可能期限までであれば、搭乗日及び便名を変更可能です。そのため、フライト日程の詳細が決まっていなくても、マイルの有効期限が迫っている場合は、思い切って特典航空券に交換してしまうのがおすすめ。

ちなみに、ANAでは、国内線の特典航空券を交換するために必要なマイル数は時期や距離によって異なります。
ANAは1年を「ローシーズン(L)」「レギュラーシーズン(R)」「ハイシーズン(H)」の3つに区分し、閑散期には必要マイル数を少なめに、混雑期には多めに設定しています。また、同じシーズン内であっても飛行距離によって必要マイル数は異なるため、ANAのマイルを特典航空券に交換する際は「時期」と「距離」に注意が必要です。

2019年度限定片道3,000マイルからの特典航空券 「今週のトクたびマイル」とは?

実はANAは、2019年度限定(※2019年4月開始)で、片道3,000マイルから特典航空券に交換できる「今週のトクたびマイル」をスタート。ANAが提案する対象路線から、好きな目的地を選ぶことができ、搭乗日前日まで予約可能となっています。
2019年3月現在、開示されている予約・発券スケジュールは以下の通りです。

対象予約・発券期間 対象搭乗期間
2019年4月3日(水)~4月9日(火) 2019年4月4日(木)~4月10日(水)
2019年5月15日(水)~5月21日(火) 2019年5月16日(木)~5月22日(水)
2019年5月29日(水)~6月4日(火) 2019年5月30日(木)~6月5日(水)

対象路線、必要マイル数は、対象搭乗期間2日前の17時ごろに「今週のトクたびマイル」キャンペーンページでアナウンスされます。(※「今週のトクたびマイル」のキャンペーンページは、4月2日17時ごろ公開予定。)
「今週のトクたびマイル」は、通常よりも少ないマイルで特典航空券に交換できる、2019年度限定のキャンペーン。
期限切れが迫っているマイルが3,000マイル以上ある方や、ふらっと飛行機でどこかに旅行したい方は、ぜひチェックしてみてください!

参考

コラム ANAマイルが貯まらない!期限切れを迎えてしまう場合はクレジットカードを活用しよう

飛行機の利用だけで、ANAマイルを貯めるのは至難の業。特典航空券の交換を目指し、ANAマイルを貯める場合は、ANAカード(クレジットカード)を利用し、賢くマイルを貯めるのがおすすめ。カードを上手く活用し、特典航空券の獲得を目指しましょう!

以下では、飛行機にそう頻繁に乗らない方でも、買い物や陸上の交通での利用でマイルを貯めることができるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

  • 年会費:2,000円+税(※初年度年会費無料)
年会費 初年度無料(次年度以降2,000円+税)
ポイント
  • カード利用1,000円につき1ポイント付与
  • 「メトロポイントPlus東京」の登録で、1乗車につき平日5メトロポイント、休日15メトロポイント付与 (100メトロポイント⇒90マイルで移行可能)
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • 海外ショッピングガード保険:年間最高100万円
その他のサービス
  • PASMOオートチャージに対応
  • 入会時&継続時のボーナスマイル付与
  • ANA搭乗時のフライトマイル+10%
  • ETCカード年会費無料

ソラチカカード入会キャンペーン

ソラチカカードに新規入会し、所定の条件を満たすと、最大19,600マイル相当をプレゼント

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) に行く

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)は、JCB、ANA、東京メトロが提携して発行するPASMO一体型のクレジットカードです。年会費は初年度無料、2年目以降は2,000円+税(※ただし年間50万円以上の利用で無料)。
ソラチカカードの特徴は、1枚のカードに「ANAカード」、「To Me Card(東京メトロが発行するPASMO一体型クレジットカード)」、「JCBクレジットカード」の3枚分の機能が集約されている点。これによって、「ANAマイル」「メトロポイント」「OkiDokiポイント」の3つのポイントを貯め、相互交換することができます。
以下では、ソラチカカードの特徴を3つのポイントに分け、解説します。

ソラチカカードの特徴 3つのポイント

  • ANA一般カードに準拠したフライトマイル・ボーナスマイルの付与
  • 東京メトロの利用でメトロポイントが貯まる。ANAマイルへの移行レート優遇
  • 通常のカード利用ではJCBのOki Dokiポイントが貯まる。ANAマイルにも移行可能

ANA一般カードに準拠したフライトマイル・ボーナスマイルの付与

まず、肝心のANAマイルに関しては、基本的なサービスはANAの一般カードに準拠しており、入会時&継続時の1,000マイルはもちろん、ANA搭乗時の基本マイレージ10%ボーナス等も付与されます。

ソラチカカードのボーナスマイル
入会時 1,000マイル
継続時 1,000マイル
毎回のフライト時 区間基本マイレージ+10%

東京メトロの利用でメトロポイントが貯まる。ANAマイルへの移行レート優遇

ソラチカカードでは、「メトロポイントPlus東京」の登録を行えば、1乗車につき平日5ポイント、休日は15ポイント獲得可能。ソラチカカードには、定期券機能を付与できるため、定期券をクレジットカード決済で購入すれば、1,000円につき5メトロポイントと1Oki Dokiポイント(※JCBのポイント)を二重取りすることもできます。さらに、オートチャージ機能を利用すれば、オートチャージでポイントを貯めることも可能。
また、ソラチカカードでは、ANAマイルとメトロポイントを、「100メトロポイント=90マイル」で交換でき、鉄道系クレジットカードの中でもトップクラスのマイル還元率を誇っています。

通常のカード利用ではJCBのOki Dokiポイントが貯まる

ショッピングなど、通常のカード利用では、1,000円につき1ポイント(※ポイント還元率0.5%)のOki Dokiポイントが貯まります。貯まったポイントは、1Oki Dokiポイント=5マイルで移行可能。また、1ポイント=10マイルのレートになる自動移行コース(年5,000円+税)に申し込むと、2倍のレートでの移行も可能です。

以上の3つのポイントの他にも、ソラチカカードは、国内外最高1,000万円の旅行傷害保険、100万円の海外ショッピングカード保険等、付帯保険も充実。 マイルを効率よく貯めたい場合、東京メトロをよく利用する方にとって、ソラチカカードは最も有力な選択肢の一つと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

期限切れ間近のANAマイルの使い道と、賢い貯め方について解説した今回の特集はいかがでしたでしょうか?
飛行機を頻繁に利用しない人にとっては、通常の特典航空券分のマイルを貯めるのは至難の業。

少額のANAマイルは、「トラノコ」を利用して少額投資ができるほか、提携ポイントやクーポンに交換することで、活用することができます。また、期限が切れる前に、思い切って期間限定の特典航空券に交換してしまうのも1つの方法です。
期限切れ間近のマイルを持て余している方は、本特集を参考に、少額のANAマイルの使い道をしっかり把握し、有効期限内にマイルを使い切りましょう!

spgカード