ダイナースとマイル

DeNAトラベル

ダイナースとマイル

マイレージまめ知識

最終更新日|

キャッチ画像

マイラーの憧れ、ダイナースクラブカードとは?

世界で初めて発行されたクレジットカードとして高いステイタスを誇るダイナースクラブカードは、多くのマイラーにとって憧れの1枚です。マイル還元率の高さはもちろん、旅行系の特典も充実しており、他のマイルカードにはない特別感のあるサービスを受けることができます。

今回の「マイレージまめ知識」では、マイルが貯まるクレジットカードのなかでも、最高峰のブランド力を誇るダイナースクラブカードについてご紹介していきます。

ダイナースクラブカードとマイル

ダイナースクラブカードとマイル

ダイナースクラブカードは、利用額100円につき1ダイナースクラブ リワードポイントが貯まり、1,000ダイナースクラブ リワードポイント=1,000マイル単位で7つの航空会社のマイルと交換(※)することができます。

  • 貯まったクラブポイントを提携する航空会社のマイルに移行するためには、ダイナースグローバルマイレージ(年会費6,000円+消費税)への参加が必要。

ダイナースクラブカードのマイルの還元率は100円につき1マイルと、航空会社が発行するマイルカード並みに設定されており、さらにポイントに有効期限がないという大きな魅力があります。ダイナースクラブカードの提携先であるANAやタイ国際航空、アリタリア航空などのマイレージプログラムはマイルに有効期限がありますが、ダイナースクラブカードを利用してポイントを貯め、そのポイントをマイルに移行しなければ、これらの航空会社でも実質無期限でマイルを貯めることができます。

ダイナース グローバル マイレージ 提携航空会社

ANA(全日空)

ANA(全日空)

アメリカン航空

アメリカン航空

アリタリア航空

アリタリア航空

大韓航空

大韓航空

デルタ航空

デルタ航空

タイ国際航空

タイ国際航空

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空

ダイナースクラブカードの魅力的なサービス

マイル修行の必須アイテム

マイル還元率の高さやポイントに有効期限がないことに加え、圧倒的なブランド力と手厚い補償もダイナースクラブカードの魅力です。

ダイナースクラブカードはカードの利用限度額に一律の制限がなく、国内・海外500箇所以上の空港ラウンジを無料で使用することができます。また、ダイナースクラブカードを提示することで宿泊するホテルの部屋をアップグレードしてもらえたという方も少なくありません。

旅行傷害保険は国内・海外共に最高1億円が付帯しており、旅行の際は別途保険に入る必要がありません。また、カードで購入した商品は購入から90日以内であれば年間500万円まで盗難や破損などに対する補償を受けられます

さらに、国内外の主要都市にあるビジネスラウンジが無料で利用でき、ミーティングルームを10%引きで利用できる「リージャス・ビジネスワールド・ゴールドメンバーシップ(グローバル)」も、ビジネスマンの方にとっては嬉しい特典です。「リージャス・ビジネスワールド・ゴールドメンバーシップ」を利用するためには、通常60,480円の年会費が必要ですが、ダイナースクラブカード会員であれば初年度年会費無料で入会することができます(2年目以降は、リージャスにて年間3万円以上利用すると次年度年会費が無料)。

  • トップクラスのステイタス
  • 高マイル還元率
年会費 22,000円+消費税
利用限度額 一律の制限なし
ポイント 100円につき1ダイナースクラブ リワードポイント
マイルへの移行 年6,000円+消費税で1,000ダイナースクラブ リワードポイント=1,000マイルに交換可能
旅行傷害保険 最高一億円
ショッピングガード 年間500万円まで補償
空港ラウンジ 国内外約500以上のラウンジを無料で利用可能

ダイナースクラブカード に行く

ダイナースクラブカードは、マイルを貯めたい方はもちろん、ステイタスカードに興味がある方にとっても、是非チェックしておきたいクレジットカードといえるでしょう。

spgカード