JALやANAもGo To トラベルキャンペーンを開始

DeNAトラベル

JALやANAもGo To トラベルキャンペーンを開始!利用する上での注意点は?

マイレージ比較ニュース

最終更新日|

キャッチ画像

Go To トラベルキャンペーンが7月22日からスタート!

新型コロナウイルスの影響が直撃している旅行業や宿泊業を支援するため、2020年7月22日からGo To トラベルキャンペーンがスタートします。本来は8月以降に開催される予定でしたが、夏休みがスタートする7月22日に前倒しに。

率直に言って編集部内でもGo To トラベルキャンペーンに関しては意見が大きく分かれています。

飛行機に乗ること自体が感染の温床になるとは思えませんが、旅行に行くと食事を楽しんだり、観光地に足を運んだりと行動的になる傾向があります。旅行する中で3密状況が作られると、新型コロナウイルスに感染するリスクが出てきてしまいます。
特に東京では連日数百人の感染者が出ており、首都圏の感染者は増加傾向にあり、首都圏からの旅行者は注意が必要です。

Go To キャンペーンを利用する際は、感染対策をしっかり行い、万全の準備をした上で出かけましょう。

Go To トラベルキャンペーンとは?

Go To トラベルキャンペーンとは、新型コロナウイルスにより、大きな打撃を受けた旅行業、宿泊業を支援するため政府が実施する国内旅行のキャンペーンです。現時点(2020年7月16日)では7月22日からスタートし、終了日に関しては未定となっています。

キャンペーンの仕組みが少し複雑なので、実際に利用する前に概要をチェックしておきましょう。キャンペーン概要は現在も調整が行われています。実際に利用する前に、必ず最新の情報をチェックするようにしましょう

期間 2020年7月22日開始予定 ※終了日未定
キャンペーン概要 対象の旅行商品(飛行機、ホテル、旅館)を予約すると、旅行代金の最大50%(35%の旅行代金割引と15%の現地で使える地域共通クーポン)、2万円を上限に費用を補助
補助額 1泊につき最大2万円
予約方法 旅行代理店・予約サイト経由もしくは宿への直接予約
注意点 7月22日から8月末までは35%の旅行代金割引のみ
宿泊施設で直接予約した場合は、個人で手配する交通費に関しては割引対象外

本キャンペーンを利用する上で、一番注意しなければいけないのは、宿へ直接予約した場合、飛行機含む交通費が割引対象外となってしまう点でしょう。

本キャンペーンを効率よく利用するためには、JTB近ツー等の旅行代理店経由、じゃらん一休.comなどの宿泊予約サイト経由、JALやANAを利用する方は、ANAやJAL経由で宿泊予約まで完了すると、本キャンペーンの対象になります。

ANAのGo To トラベルキャンペーン

画像

ANA単体の飛行機予約だけでは、Go To トラベルキャンペーンの対象にはなりません。対象商品は国内ツアー且つANAトラベラーズが扱う商品(ダイナミックパッケージ、パッケージツアー、ホテル)です。また現時点ではANAのシステムが補助金を反映した価格での販売に対応していないため、旅行が完了した後、自身で申請を行い、補助金のカンプを受ける必要がある点には注意しましょう。

JALのGo To トラベルキャンペーン

画像

JALもANAと同様、飛行機予約だけではGo To トラベルキャンペーンの対象にはなりません。JALもシステム対応が完了していないため、補助金の申請は旅行者完了後に自身で行う必要があります。JALの対象商品は7月27日以降に発表される予定です。JALの利用を検討している方は、7月27日以降に公式HPをチェックしましょう。

旅行自体に問題なし!リスクに備えて最大限の準備を

画像

旅行すること自体が悪いことではありません。旅行業、宿泊業、飲食業を守るため、需要喚起は必要です。ただし、この旅行がきっかけで全国に新型コロナウイルスが蔓延し、収拾がつかないような自体が起こってしまっては、本末転倒です。

Go To トラベルキャンペーンを利用するのであれば、私たち自身が最大限の対策を行い、感染しないのはもちろん、自身が無症状で感染している可能性も考慮し、周囲への配慮も求められます

いつもとは少し違う旅行になってしまうのは否めませんが、せっかく旅行に行くのであれば、コロナに気を付けつつ、できる範囲で最大限楽しみましょう。

JALカード