陸マイラーにおすすめのJALマイルの貯め方

DeNAトラベル

陸マイラーにおすすめのJALマイルの貯め方とは?2019年最新版

マイレージ比較ニュース

最終更新日|

キャッチ画像

JALマイルを貯める上で、最も効率が良い方法はJAL便への搭乗ということに疑う余地はありませんが、JALマイルを貯めている人の多くが年がら年中、飛行機を使っている訳ではありません。

むしろ飛行機を利用する機会は年に数回。その際に特典航空券をゲットし、飛行機代を無料にするためにマイルを貯めているという方も多いでしょう。そういう人をマイラー用語では「陸(おか)マイラー」と呼んでいます。

実はかくいう私も陸マイラーです。20年を超える陸マイラーとしての経験の中で、JALマイルを貯めたり、ANAマイルを貯めたりと何度か、貯めるマイルを変更してきましたが、2019年10月からは再度JALマイルを貯めることに。

これまではANA中心の陸マイラー。現在の保有マイルは102,146マイル! 画像

JALの陸マイラーとして、どうすればマイルが効率よく貯まるのかを調べ、その方法をまとめました。JALの陸マイラーを目指している方はもちろん、すでに陸マイラーとしてJALマイルを貯めているという方も、是非チェックしてみてください。

陸マイラーにおすすめのJALマイルの貯め方 その1
JAL普通カード×ショッピングマイル・プレミアムを活用

陸マイラーとしてマイルを貯めている方の中には、年会費無料でいかにJALマイルを貯めるかにこだわっている方も多いと思うので、そういう方にとっては「なんだその方法は?!」と言われそうですが、やはりJALカードは陸マイラーにもおすすめできるカードです。

コストを抑えるなら年会費2,200円(税込※初年度無料)のJAL普通カードでOK。このカードにマイル還元率が2倍になるショッピングマイル・プレミアムを付帯させましょう。これだけで通常カード利用200円につき1マイルのマイル還元率が、100円につき1マイルにアップします。

例えば月10万円、年間120万円カードを利用すると、12,000マイル貯まるので、これだけで特典航空券を可能です。

マイレージ比較編集部 おすすめの1枚

年会費 2,200円(税込)※初年度無料
JALマイル還元率 1% ※ショッピングマイル・プレミアム入会時:年会費3,300円(税込)
その他の特典
  • 入会搭乗ボーナス
  • 毎年初回搭乗ボーナス
  • 搭乗ごとにフライトマイルの10%をボーナスマイルとして付与

JAL普通カードの特徴
JALが発行する最も一般的なクレジットカード。年会費は初年度無料、次年度以降は2,200円(税込)。陸マイラーが利用する際は、JALマイルの還元率が2倍になるショッピングマイル・プレミアムへの入会が必須。年会費3,300円はかかるが、十分に回収できる。

JAL普通カード に行く

陸マイラーにおすすめのJALマイルの貯め方 その2
SPG・アメックスを活用

画像

これはJALマイルもANAマイルも貯めたい陸マイラーにとっては、常識とも言える方法になりつつあるのですが、アメックスが発行するSPG・アメックスを活用するという方法があります。

このSPG・アメックスとは、マリオットリゾート、ハイアットといった高級ホテルを運営するMarriottグループと、アメックスが提携し、発行するクレジットカードです。

SPG・アメックスの基本ポイント付与率はカード利用100円につき3ポイント。このポイントを3ポイント、1マイル換算でJALマイルにもANAマイルにも交換することができます。

つまりこの時点でのマイル還元率は1%とJAL普通カードと同等。さらに60,000ポイント交換すると、5,000マイルもらえることから、マイル還元率が1.25%にアップします。このお得度の高さがSPG・アメックスがJALの陸マイラーからも、ANAの陸マイラーからも支持されている理由です。

ちなみにSPG・アメックスのポイントには有効期限がなく、ポイントの移行上限も1日最大240,000マイルと極めて大きいため、実質無期限且つ移行上限を気にすることなくマイルを貯めることが可能です。

その一方で弱点もあります。それは年会費が34,100円(税込)と高額な点。ただしSPG・アメックスはカード契約更新時、除外日がない無料宿泊券をもらうことができるので、マリオットリゾートやハイアットといった高級ホテルに年に1回泊れば、この年会費は十分に回収可能です。

コストパフォーマンスという点で考えると、極めてお得度の高いJALの陸マイラー向けクレジットカードと言えるでしょう。

マイレージ比較編集部 おすすめの1枚

年会費 34,100円(税込)
JALマイル還元率 1.25% ※60,000ポイント交換時(ボーナスマイル5,000マイル)
その他の特典
  • 同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジサービス
  • カード契約更新時に無料宿泊券プレゼント
  • Marriott Bonvoyゴールドエリート資格付与

SPG・アメックスの特徴
Marriottグループとアメックスが提携し、発行するクレジットカード。カードランクとしてはプラチナカードに相当する。年会費は34,100円(税込)と高いが、カード契約更新時に除外日がない無料宿泊券をもらうことができるので、十分に回収できる。貯めたポイントはJALマイルだけではなくANAマイルにも交換でき、マイル還元率は1.25%と極めて高い。カードにステータスを求める陸マイラーから圧倒的な支持を得ている1枚。

SPG・アメックス に行く

陸マイラーにおすすめのJALマイルの貯め方 その3
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの活用

画像

最後にご紹介するのがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード(通称:セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス)を活用する方法です。※ちなみに筆者はSPG・アメックスに魅力を感じつつも、この3つ目の方法を選びました

この方法を使いJALマイルを貯めたい方は、カード入会後、SAISON MILE CLUBに登録(※セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスユーザーは登録料・年会費無料)する必要があります。

このSAISON MILE CLUBへの登録が完了すると、カード利用1,000円につき10マイル貯めることができるようになり、さらにSAISON MILE CLUB優遇サービスとして、カード利用2,000円につき1ポイント永久不滅ポイントが貯まります。このポイントも200ポイント500マイル換算でJALマイルに交換できるので、JALマイルの還元率は最高1.125%に

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの年会費は22,000円(税込)ですが、年間200万円以上カードを利用すると、次年度の年会費が11,000円(税込)とゴールドカード並みに下がる点も大きな魅力です。

筆者はセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスが現在実施している初年度年会費無料キャンペーン&ポイントプレゼントに惹かれ、このカードを選びました。

まずは1年間、このカードを使い倒し、JALの陸マイラーとしてマイルを貯めまくる予定です。

マイレージ比較編集部 おすすめの1枚

年会費 22,000円(税込)※期間限定で初年度年会費無料キャンペーン実施中
JALマイル還元率 1.125% ※SAISON MILE CLUBへの登録が必要
その他の特典
  • ポイントに有効期限なし
  • 年間200万円以上のカード利用で次年度年会費が半額
  • 空港ラウンジサービス無料付帯

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの特徴
セゾンとアメックスが提携し、発行するクレジットカード。カードランクとしてはプラチナカードに相当する。年会費は22,000円(税込)とプラチナカードの中では安価で、年間200万円以上カードを利用すると半額になることから、最もコストパフォーマンスが高いプラチナカードとして、高い人気を誇っている。また法人経営者の入会を想定しているが、サラリーマンの入会も可能。SAISON MILE CLUBに登録することで、JALマイルを最高1.125%貯めることができる。クレジットカードとしての総合力を考えると、極めてお得度の高い1枚。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス に行く

spgカード