今週のトクたびマイルのメリット、デメリット

DeNAトラベル

ANAの今週のトクたびマイルが遂にスタート!メリットとデメリットは?

マイレージ比較ニュース

最終更新日|

キャッチ画像

お得なマイル数で交換でき、どこにいくかわからない旅と言えば、2017年にサービスを開始し、大きな注目を集めたJALのどこかにマイルが有名ですが、ANAも2019年5月からついに同様のサービス「今週のトクたびマイル」を開始します。

ちなみにJALがどこかにマイルをレギュラーサービスとして提供しているのに対して、ANAは本サービスを2019年限定サービスと位置付けています。

これはANAが今週のトクたびマイルの収益性や効果を測定したいと考えており、本当に集客や利益に繋がるのかを見極めた上で、レギュラーサービスにしたいと考えている証拠でしょう。

このサービスによってANAに何らかのメリットがあると判断した場合、きっと2020年もサービスを継続するはずです。(ちなみに筆者は15日のトクたびマイル予約開始日に予約にチャレンジし、その使い心地を来月レポートする予定。トクたびマイルに興味があるかたは、是非チェックしてみてください。)

今回のマイレージ比較のニュースは、ANAの新サービス「今週のトクたびマイル」に注目。そのメリットとデメリットを解説します。

ANAの今週のトクたびマイルのメリットとは?

ANAの今週のトクたびマイルには、以下の3つのメリットがあります。いずれも今までのANAマイレージ会員向け特典にはなかったものばかり。利用を検討する価値は間違いなくあります。是非チェックしてみてください。

1片道3,000マイルから特典航空券に交換できる

ANAの今週のトクたびマイルなら、片道3,000マイル、往復6,000マイルで特典航空券に交換できます。5月はレギュラーシーズンなので、通常15,000マイル、路線によっては18,000マイル特典交換に必要です。これが6,000マイルで交換できるとしたら最大で12,000マイルお得ということになります。

2ANAが提案する対象路線の中から好きな目的地を選べる

対象路線の中から好きな目的地が選べるのは、今週のトクたびマイルの最大のメリットと言えるでしょう。キャンペーン対象路線と必要マイル数は対象搭乗期間の開始日2日前の17時頃、キャンペーンページで公開されます。

3搭乗日前日まで予約可能

ANAの今週のトクたびマイルは、搭乗日前日まで予約できます。例えば5月15日に予約し、5月16日に出発することも可能です。筆者のように、ストレスが溜まったら突然旅に出てしまうような人にはぴったりです。

ANAの今週のトクたびマイルのデメリットとは?

どんな商品やサービスにもメリットだけというものは存在しません。ANAの今週のトクたびマイルにも当然デメリットがあります。メリットを最大限活かすために、デメリットについてもしっかり把握しておきましょう。

1対象路線・対象期間によってはサービスを利用できない

ANAのトクたびマイルの対象路線は、ANAが事前に決めているため、その他の路線はトクたびマイルでの予約対象外になります。また対象期間が限定される点にも注意が必要です。

2対象予約・発券期間、対象搭乗期間のスパンが短い

以下は2019年5月に予定している、トクたびマイルの実施スケジュールです。

【第1弾】

対象予約・発券期間 2019年5月15日(水)~5月21日(火)
対象搭乗期間 2019年5月16日(木)~5月22日(水)

【第2弾】

対象予約・発券期間 2019年5月29日(水)~6月4日(火)
対象搭乗期間 2019年5月30日(木)~6月5日(水)

対象予約・発券期間と対象搭乗期間が非常に短い点には注意が必要です。予約開始から搭乗まで1週間。この期間に予約し、搭乗しなければいけません。

筆者のように思い立ったらすぐに旅立てるような人間には問題ありませんが、しっかり予定を立てて旅行をしたいという方には向いていないかもしれません。
※ちなみに宿泊施設の予約が直前だと高くなってしまう可能性がある点も、デメリットと言えるでしょう。

まとめ

ANAの今週のトクたびマイルが遂にスタート!メリットとデメリットは?

ANAの今週のトクたびマイルとJALのどこかにマイルを比較すると、予約可能期間や路線という点ではJALに優位性がありますが、路線を自分自身で自由に選べる点はANAのトクたびマイルの大きな魅力です。

いずれにせよANAユーザーで旅行好きの方であれば、通常の半分以下で特典航空券を利用できるこの機会を逃す手はありません

これからANAの利用を検討している方も、年内6,000マイルは十分に可能です。

ANAカードの新規入会キャンペーンを上手く活用し、今週のトクたびマイルの利用を目指してみてはいかがでしょう?

spgカード