JALマイルとPontaポイントの相互交換サービスが15年春より開始

DeNAトラベル

JALマイルとPontaポイントの相互交換サービスを15年春よりスタート

マイレージ比較ニュース

最終更新日|

キャッチ画像

JALとロイヤリティ マーケティング(LM)が、業務および資本提携を発表しました。ロイヤリティマーケティングは約2,840万人の会員を有するカード「Pontaカード」を発行している企業。この提携によりJALとPontaの提携が強化され、それぞれのポイントの利便性向上を期待できます。

JALマイルとPontaポイントの相互交換サービスを15年春よりスタート

今回の提携によるサービス強化第一弾として、JALマイルとPontaポイントの相互交換サービスが2015年春より開始されます。この改善により、今までは「JMBローソンPonta VISAカード」を持っていなければできなかったJALとPontaポイントの交換が、どちらか一枚のカードを持っているだけで可能となりました。ちなみにJALマイルは3,000マイルから「Pontaポイント」に交換できます。

交換レートについては、JALマイルからPontaポイントへの交換する場合は、3,000マイル以上10,000マイル未満は1マイル=0.5Pontaポイント、10,000マイル以上の場合で1マイル=1Pontaポイントとなります。交換はJALのWEBサイトで受付予定です。

また、PontaポイントからJALマイルへの交換レートは、2Pontaポイントで1マイル。こちらもPontaのWEBサイト上で手続きを行うことができるようになるそうです。

JALマイルからPontaポイントへの交換
  • 3,000マイル以上10,000マイル未満:1マイル→0.5Pontaポイント
  • 10,000マイル以上:1マイル→1Pontaポイント
PontaポイントからJALマイルへの交換
  • 2Pontaポイント→1マイル

両社は、今後も連携を深め、JALグループ便においてPontaポイントを活用した新サービスを行うなど、JALマイルとPontaポイントの相互利用を促進するサービスを開発する予定。

今回の提携は、どちらかのカードを1枚で所有していれば、JALマイルとPontaポイントの両方を貯め、使用できるというのが最大のメリットでしょう。例えばローソンやGEOなど身近な加盟店でPontaポイントを貯め、旅行の際にJALマイルに変換してお得に航空券を買うという使い方も可能です。 フライトや旅行先での支払いなど、どちらかというと旅行で貯めるイメージが強いJALマイルですが、今回の提携によって毎日の買い物からマイルをより蓄積しやすくなりました。ポイントの交換制度を上手く活用して、快適なマイレージライフを送りましょう。

参考資料

spgカード

おすすめの記事Recommend