ANAマイルの使い方。国際線の荷物の超過料金をマイルで支払い可能に

DeNAトラベル

国際線荷物の超過料金がANAマイルで支払い可能に

マイレージ比較ニュース

最終更新日|

キャッチ画像

2014年2月1日より、ANA国際線において、超過手荷物料金をマイルで支払いできるようになりました。
ANAマイルの新しい使い方に注目です。

ANA、寄付を通してユネスコに協力-マイルの新しい使い方

超過手荷物料金をマイルで支払うことができるのは、ANAマイレージクラブ会員本人と、会員の配偶者および2親等以内の親族。
ANAが就航するすべての空港で利用が可能ですが、対象となる航空便は、ANAの運航便のうち、ANA便名で予約されている航空便のみとなります。
ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスのいずれも超過手荷物料金をマイルで支払うことが可能。また、国際線の乗り継ぎや、国際線の手荷物ルールが適用される国内線も対象となります。

超過料金の支払いに必要なマイル数は、クラスや超過個数、超過重量などにより異なり、マイルと現金を組み合わせて支払うことはできません。

超過料金の支払いに必要なマイル数

個数超過
全クラス
アジア・オセアニア⇔北米・ハワイ・南米・欧州・アフリカ・中東 受託手荷物超過1個につき:20,000マイル
アジア・オセアニア内(日本国内除く) 受託手荷物超過1個につき:10,000マイル
日本国内 受託手荷物超過1個につき:5,000マイル
重量超過
ファーストクラス・ビジネスクラス エコノミークラス
アジア・オセアニア⇔北米・ハワイ・南米・欧州・アフリカ・中東 32kg超~45kg以下:20,000マイル 23kg超~32kg以下:6,000マイル
32kg超~45kg以下:20,000マイル
アジア・オセアニア内(日本国内除く) 32kg超~45kg以下:20,000マイル 23kg超~32kg以下:6,000マイル
32kg超~45kg以下:20,000マイル
日本国内 32kg超~45kg以下:5,000マイル 23kg超~32kg以下:1,000マイル
32kg超~45kg以下:5,000マイル
サイズ超過3辺(縦・横・高さ)の和
全クラス
アジア・オセアニア⇔北米・ハワイ・南米・欧州・アフリカ・中東 158cm超~292cm以下:20,000マイル
アジア・オセアニア内(日本国内除く) 158cm超~292cm以下:20,000マイル
日本国内 158cm超~292cm以下:5,000マイル
  • 個数と重量、重量とサイズなど、2つ以上の条件にまたがって超過する場合は、各々の超過料金を足した額が適用されます。

長期の海外旅行では、荷物やお土産でスーツケースがパンパンになるのは良くあること。「自分で思っていたよりも重量がオーバーしていて超過料金がかかってしまった・・・」という経験を持つ人も多いのではないでしょうか。手荷物超過料金は1,000円~20,000円程ですが、可能な限り抑えたい出費の一つです。
特典航空券やアップグレード特典と比較すると、マイル還元率は大きく落ちるものの、特典を交換した後の派数マイルが残っている場合などは、知っていることで余分な出費を避けられるかもしれません。

これから海外旅行に行かれる方は、ANAのマイルの新しい使い方を検討してみてはいかがでしょうか。

参考資料

spgカード