陸マイラーに役立つ情報、おすすめマイレージカードの紹介

DeNAトラベル

陸マイラーへの道

マイレージ入門

最終更新日|

キャッチ画像

陸マイラーとは?

みなさんは陸マイラーという言葉をご存知でしょうか?
陸マイラーとは、飛行機に乗らずに陸でマイルを貯める人のことを指します。

陸マイラーとは

「私は飛行機に乗らないから、きっとマイルは貯まらない…」と、マイルを貯めることを諦めてしまう方がいらっしゃいますが、それは実は、とてももったいないことなのです。
マイルを貯めてもらえる特典航空券には、国内線だけではなく数万円~十数万円する国際線があり、陸マイラーの中には飛行機に1度も乗らずに1年に1回ハワイ旅行に行く人もいるほどです。

本特集では、「飛行機に乗る機会は少ないがマイルを貯めたい!」というすべての陸マイラーの方に向けて、陸でマイルが貯まるおすすめのマイレージカードや、効率よくマイルを貯める方法をご紹介していきます。特集を参考に、お得にマイル特典をゲットしましょう。

マイルは陸でこう貯める!

それではまず、飛行機に乗らずにマイルを貯める方法をご紹介していきます。

各航空会社が発行するマイレージカードの中には、クレジットカード機能を搭載したものがあり、陸マイラーはこのクレジットカード機能を活用することで、多くのマイルを貯めています
陸でもっともマイルが貯まるカードとして人気が高い、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード」を例に、クレジット払いで貯まるマイルをシュミレーションしてみましょう。

1ヶ月の費用をマイレージカードで支払った場合のマイルの貯蓄例
光熱費(電気代・ガス代) 1万5,000円
水道代 5,000円
携帯電話代 8,000円
固定電話代(IP電話) 4,000円
新聞代 4,000円
インターネット代 6,000円
食費 2万円
交通費 1万円
交際費 4万円
服飾費 1万5,000円
書籍、CD、レンタルDVD代 8,000円
その他 1万円
合計 14万5,000円=1,450マイル

1ヶ月に貯まるマイルが1,450マイルだった場合、1年間で貯まるマイルは1,450×12=17,400マイル。
航空会社によって多少の差はありますが、国内線の場合はほぼ全路線、国際線の場合はソウルへの特典航空券に交換可能です。
さらに、3年間マイルを貯め続けた場合、貯まるマイルは17,400マイル×3=52,200マイル。時期や航空会社によっては、バンコク・パリ・ニューヨークなどへの特典航空券と交換することもできるのです。

中には「クレジットカードは使いすぎてしまいそうで怖い」という方もいらっしゃるかと思います。そういった方におすすめなのが、固定費の支払いをマイルカードにすることです。
引き落とし先を銀行からクレジットカードに変更するだけで月々4万円~5万円、これをマイルに換算すると400マイル~500マイルになり、年間で4,800マイル~6,000マイルを陸にいながら簡単に貯めることができます。

飲み会での支払い

その他、飲み会での支払いはクレジットカードでまとめてしまう、というワザも多くの陸マイラーが実践しています。数人で飲み会をした場合の会計は平均3万円~4万円、これをマイルに換算すると300マイル~400マイルになり、1年間に3,600マイル~4,800マイルを貯めることができます。
マイルを貯めるために出費が増えてしまっては本末転倒ですが、出費を増やさず無理なくマイルを貯める工夫をすれば、陸で貯めたマイルだけで、1年に1度無料往復航空券をGETし、海外旅行に行くことも夢ではありません。

マイレージカードを上手く活用して、賢い陸マイラーを目指しましょう!

提携店を利用してお得にマイルを貯める

提携店を利用してお得にマイルを貯める

先ほどまでは、陸マイラーの基礎知識とマイルの貯め方をご紹介しました。このセクションでは、「少しでも多くのマイルを貯めたい!」という中級以上の陸マイラーに向けて、通常の2~3倍のマイルが貯まる、各航空会社の提携店についてご紹介します。

ANA、JAL、デルタ(旧:NW)、UAは、多くの提携店を持ち、インターネットを経由したショッピングや、レストランでの食事で通常よりも多くのマイルを獲得することができます。

すでにマイレージプログラムに入会している方は、自分が普段利用するお店が提携しているかどうかを一度チェックしておくといいでしょう。また、これから入会を考えている方は、「エアラインがどこの店舗と提携しているか」という点も、プログラムを選ぶ際の1つの目安になるため要チェックです。

ANA(全日空)
  • グルメマイル...グルメマイル提携レストランやバーを利用すると、通常の2~3倍マイルが貯まる
  • ANAカードマイルプラス...「ANAカードマイルプラス」の対象商品や店舗を利用すると、通常の2倍マイルが貯まる
  • ANAマイレージモール...「ANAマイレージモール」を経由し、インターネットショッピングや会員登録をすると、通常の2~3倍マイルが貯まる
  • マイルスマイル...空港の駐車場利用でANAのマイルが貯まるサービス。マイルスマイル経由で羽田空港・成田空港・セントレア・関西空港・伊丹空港の駐車場を予約&利用すると100円=1マイル
JAL(日本航空)
  • レストランマイル...レストランマイル加盟店を利用すると、通常の1.5~2倍マイルが貯まる
  • 特約店...特約店マークがついたお店でJALカードを利用すると、通常の2倍マイルが貯まる
  • eマイルパートナー...インターネットや携帯からショッピング、無料会員登録、資料請求をするとボーナスマイルがもらえる
デルタ航空(旧ノースウエスト航空)
UA(ユナイテッド航空)

陸マイラーにおすすめのマイルカード

陸マイラーへの道」いかがでしたでしょうか?
マイルカードを活用すれば、飛行機に乗らなくてもマイルを貯めることができ、特典航空券などのお得なマイル特典をゲットできます。
そこで最後に、陸でマイルが効率よく貯まるおすすめのマイレージカードをご紹介します。

ANAマイラーにおすすめのマイレージカード

まず、ANAは、マイレージカードをメインカードとサブカードに分けて使うことで、より効率よくマイルを貯めることができます。メインカードのおすすめは、ANA JCBカードと、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの2種類です

ANA JCBカードには、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカードの3種類があり、年間50万円以上カードを利用すると翌年のポイントが10%、100万円以上利用すると20%アップする点が魅力です。
また、ANAカードのその他のブランド(マスターカード・VISA)と比較すると、カード利用で貯めたポイントをマイルに交換する際のコストが有利である点も見逃せません。ANAマスターカード・VISAカードは、マイル移行1ポイント=10マイルコースを選択した場合の移行手数料が6,000円(税別)かかるのに対して、ANA JCBカードの移行手数料は2,000円(税別)。つまり、10マイルコースでは、ANA JCBカードのほうが4,000円+消費税分お得になるのです。

一方、ANAアメリカン・エキスプレス・カードはANAがアメリカン・エキスプレスと提携して発行するクレジットカードです。通常のANAカードと同じくカード入会や継続、フライト利用時にボーナスマイルが加算されるほか、「ポイント移行コース(年6,300円)」に登録することで、アメックスのポイントを1,000ポイント=1,000マイルでANAのマイルに交換できます。ポイント移行コース登録中は、貯めたポイントに有効期限がなくなるため、実質無期限でマイルを貯めることができ、さらに移行ポイント数にも上限がありません
2009年10月に発行された新しいクレジットカードとして、そのほかにもボーナスポイントや空港ラウンジなどのお得なサービスを提供しており、ANAマイラー注目のクレジットカードと言えます。

ANAマイラーにお薦めのメインカード

  • 低コスト
年会費 2,000円+消費税※ポイントをマイルに交換する場合、交換比率によっては年会費と別にマイル交換手数料(年2,000円+消費税)が必要
ポイントとマイル 1,000円=1Oki Dokiポイント
  • 10マイルコース:1 Oki Dokiポイント=10マイル(※マイル交換手数料:年間2,000円+消費税)
  • 5マイルコース:1 Oki Dokiポイント=5マイル(※マイル交換手数料:無料)
Edy利用200円=1マイル
入会特典
  • 入会時:1,000マイル
  • 継続時:1,000マイル
  • 搭乗毎:区間マイレージの+10%
付帯サービス
  • 海外旅行傷害保険(1,000万円)、国内航空傷害保険(1,000万円)が自動付帯

ANA JCB一般カード に行く

  • 効率良くマイルが貯まる
年会費 7,250円+消費税※ポイントをマイルに交換する場合、交換比率によっては年会費と別にマイル交換手数料(年2,000円+消費税)が必要
ポイントとマイル 1,000円=1Oki Dokiポイント
  • 10マイルコース:1 Oki Dokiポイント=10マイル(※マイル交換手数料:年間2,000円+消費税)
  • 5マイルコース:1 Oki Dokiポイント=5マイル(※マイル交換手数料:無料)
Edy利用200円=1マイル
入会特典
  • 入会時:2,000マイル
  • 継続時:2,000マイル
  • 搭乗毎:区間マイレージの+25%
付帯サービス
  • 海外旅行傷害保険(5,000万円)、国内航空傷害保険(5,000万円)が自動付帯

ANA JCBワイドカード に行く

  • ポイント実質無期限
  • コスパトップクラス
年会費 7,000円+消費税※ポイントをマイルに交換する場合、「ポイント移行コース(年6,300円)」への登録が必要
ポイントとマイル 100円=1ポイント
  • ANA航空券・ツアー等は100円=1.5ポイント オススメ!
  • 1ポイント=1マイル(ポイント移行コース加入の場合)
Edy利用200円=1マイル
入会特典
  • 入会時:1,000マイル
  • 継続時:1,000マイル
  • 搭乗毎:区間マイレージの+10%
  • 入会&カード利用で合計30,000マイル相当プレゼント(期間限定)
付帯サービス
  • 海外旅行(3,000万円)、国内旅行傷害保険(2,000万円)が利用付帯
  • 国内16空港・海外2空港でのラウンジの利用(同行者1名まで無料)
  • 「ポイント移行コース」の場合、マイルに実質の有効期限なし&移行ポイント数の上限なし

ANAアメリカン・エキスプレス・カード に行く

ANAのサブカードとしておすすめしたいのは楽天カードダイナースクラブカードです。楽天カードは楽天市場、提携店での利用で通常の2~3倍のマイルを貯めることができ、ダイナースクラブカードはポイントに有効期限がなく実質無期限でマイルを貯められる点や、充実した旅行傷害保険・空港ラウンジサービス等で、マイル獲得のみならず旅行全般において上質なサービスを受けられる点がメリットです。

ANAマイラーにおすすめのサブカード

  • 年会費永年無料
年会費 無料
ポイントとマイル
  • 基本ポイント:100円につき1ポイント
  • 楽天市場でのショッピング:通常の2倍(100円につき2ポイント)
  • 加盟店でのショッピング:最大3倍
  • 1ポイント=1マイル(手数料無料)
特典
  • 楽天カードへの新規入会で最大5,000ポイント
  • 毎月金曜日の「楽天カード感謝デー」にエントリーするとポイント3倍!
  • ポイント最大10倍優待キャンペーンを月に2回開催
  • 海外旅行障害保険が最高2,000万円付帯

楽天カード に行く

  • ポイント無期限
年会費 22,000円+消費税
ポイントとマイル
  • カード利用100円につき1ポイント(ポイント有効期限なし)
  • 年4,000円+消費税で10クラブポイント=1,000マイルに交換可能
特典
  • 最高1億円の国内・海外旅行傷害保険 オススメ!
  • 年間500万円までのショッピングガード保険
  • 国内・海外80空港以上のラウンジを無料で利用可能 オススメ!
  • クレジットカードに一律の限度額なし

ダイナースクラブカード に行く

JALマイラーにおすすめのマイレージカード

JALマイラーのメインカードには、JALカードSuicaJALカード TOP&ClubQがおすすめです。

JALはJRや東急、小田急などの鉄道会社と提携しマイルが貯まるカードを発行しています。JALカードSuicaはJRユーザー、JALカード TOP&ClubQは東急ユーザーにとってメリットの大きいJALカードです。

これらのメインカードに加えJMBカード JMBローソンPontaカードVisaをサブカードとして持つと、WAON利用(200円につき1マイル)やローソン利用でもマイルをゲットできます。マイルカードを上手く組み合わせ、効率よくマイルを貯めましょう。

JALマイラーにお薦めのメインカード

  • Suica搭載
年会費 2,000円~10,000円+消費税
マイル
  • マイル:200円につき1マイル※ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円+消費税)に入会すると100円につき1マイル
  • JREポイント:1,000円につき5~15ポイント(1,500ポイント=500~1,000マイル)
ボーナスマイル
  • 入会時:1,000マイル~5,000マイル
  • 継続時:1,000マイル~2,000マイル
  • 搭乗毎:区間マイルの+10%~25%
付帯サービス
  • 最高5,000万円の海外旅行・国内旅行傷害保険
  • エグゼクティブクラスカウンターでのチェックイン(CLUB-Aカード)

JALカードSuica(一般/CLUB-A) に行く

  • 東急グループ利用者向け
年会費 2,000円~16,000円+消費税
マイル
  • マイル:200円につき1マイル※ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円+消費税。CLUB-Aゴールドは無料。)に入会すると100円につき1マイル
  • TOKYUポイント:全国のTOKYUポイント加盟店で100円~200円につき1ポイント、もしくは年間利用代金の3~8%(2,000ポイント=1,000マイル)
  • WAON:「JMB WAON」カードへのWAONチャージで100円につき最大1マイル
ボーナスマイル
  • 入会時:1,000マイル~5,000マイル
  • 継続時:1,000マイル~2,000マイル
  • 搭乗毎:区間マイルの+10%~25%
付帯サービス
  • 最高5,000万円の海外旅行・国内旅行傷害保険
  • エグゼクティブクラスカウンターでのチェックイン(CLUB-Aカード/CLUB-Aゴールドカード)
  • 空港ラウンジの無料利用(※CLUB-Aゴールドカードのみ。国内28~31ヶ所・海外1カ国1ヶ所)

JAL TOP&ClubQカード(一般/CLUB-A/CLUB-Aゴールド) に行く

最後に、JALの陸マイラー上級者に人気があるカードとして、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをご紹介します。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの人気の最大の秘密は、マイル還元率は1.1~1.9%JALのゴールドカード(1%)よりも高く設定されている点です。

さらに、世界100カ国・600ヶ所の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが無料で付帯する点も見逃せません。
JALのゴールドカードで利用できる空港ラウンジが国内28~31ヶ所・海外1ヶ所である点を考えると、その利便性の高さは圧倒的です。

その他にも、国内最高5,000万円・海外最高1億円の旅行保険が付帯し、ショッピングプロテクションも年間最高300万円まで補償されます。会員専用のコンシェルジュサービスや、一流ホテル・レストラン・ショッピングなどを優待価格で利用できる「オントレ」など、プラチナカードの特別感あふれるサービスも魅力です。

ただ、プラチナカードというと高額な年会費を想像する方もいらっしゃるかと思います。確かに、多くのプラチナカードの年会費は5万円~10万円と高めに設定されており、さらにカード会社からのインビテーション(招待)がなければ入会できません。しかし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は2万円(税抜き)と破格の設定で、さらにインビテーションなしで入会可能です。

JALのマイルを陸で効率よくゲットでき、プラチナカードの魅力あるサービスを受けられるカードは他にありません。
JALマイラーは必見のお得なクレジットカードと言えるでしょう。

  • JALマイルが貯まる
  • サポート充実
年会費 20,000円+消費税(税込)
※年間200万円以上のカード利用で次年度半額(10,000円+消費税)
マイル
  • ショッピングマイルプラン…ショッピングマイルプラン…1,000円につき10マイル(※移行手数料無料)
  • ポイント移行コース…1ポイント2マイル。「永久不滅どっとコム」などのボーナスマイルを移行可能。(※移行手数料無料)つまり、カード利用2,000円につき20マイル+2マイル=22マイル貯まり、マイル還元率は1.1~1.9%
付帯サービス
  • 世界90カ国以上、500ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録(※通常は年会費399米ドル)
  • 国内30ヶ所以上の主要空港ラウンジの無料利用
  • コンシェルジュサービス
  • 一流ホテルやエアライン、レストランなどの優待サービス
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険、年間最高300万円のショッピングプロテクションが自動付帯

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード に行く

ただ漠然とマイレージカードを選んだ場合と、マイル還元率が高いお得なマイレージカードを選んだ場合とではマイル還元率に大きなひらきが出てきます。
自分にピッタリのマイレージカードを選び、お得に特典を手に入れましょう!

spgカード

おすすめの記事Recommend