アメックスとマイル。アメックスを活用し、効率良くマイルを貯める方法

DeNAトラベル

アメックスとマイル

マイレージまめ知識

最終更新日|

キャッチ画像

トラベル&エンターテイメントの最高峰、アメックスの魅力

アメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)は、世界初のクレジットカード、ダイナースクラブカードと並び称されるブランド力を持つ、世界最高峰のクレジットカードの1つです。
アメックスが提供するサービスの中で、特に高い評価を獲得しているのが、国内28空港・海外2空港でのラウンジの無料利用、空港での無料ポーターサービスなど、トラベル&エンターテイメントの分野であり、その一つにポイントプログラムとマイルの関係があります。アメックスのポイントプログラムは、様々なマイレージプログラムやホテルプログラムと提携しており、数あるクレジットカードの中でも、マイルの貯めやすさは間違いなくトップクラスです。

今回の「マイレージまめ知識」は、アメックスとマイルの関係に注目。マイルが貯まるクレジットカードの1つとして、アメックスの魅力をご紹介していきます。

アメックスとマイル

アメックスには、グリーンカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラック(センチュリオン)の4つのステイタスがあり、年会費はそれぞれ1万2,000円+税、2万9,000円+税、13万円+税、36万円+税(※初年度に入会金50万円+税)となっています。

アメックスの一般カードが持つステータスは他社のゴールドカード相当と言われており、年会費は「一般カード」というイメージで見ると、やや高めです。しかし、そのぶん魅力的な特典やサービスを受けることができることを考えれば、十分に納得できる範囲と言えるでしょう。

アメックスのサービスの中で、特に注目すべきサービスに航空会社のマイレージプログラムとの親和性の高さが挙げられます。具体的にはアメックスではカード利用100円ごとに1ポイントが貯まり、アメックスの「メンバーシップ・リワード・プラス(※年会費3,000円+消費税)」に入会すると、貯めたポイントをANAの場合1,000ポイント=1,000マイル換算、他の航空会社の場合、1,250ポイント=1,000マイル換算で、提携する航空会社15社のマイルに交換することができます。
またメンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ポイントの有効期限が無期限になるため、アメックスが提携する14の航空会社(下記)のマイルに関しても同様に、実質無期限で貯めることができるようになります。

アメックス・フリークエント・フライヤー・プログラム 提携航空会社

ANA(全日空)

チャイナエアライン

デルタ航空

ヴァージン アトランティック航空

アリタリア航空

タイ国際航空

キャセイパシフィック航空

シンガポール航空

ブリティッシュ・エアウェイズ

フィンランド航空

中国南方航空

エティハド航空

エミレーツ航空

なお、提携会社のうちANAマイルへのポイント移行の際は、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加(年会費5,000円+消費税)が別途必要となり、年間80,000マイル(※年間カード利用額に換算すると800万円相当)を上限にANAマイルに移行できます。

その他、チャイナエアライン・デルタ航空・タイ国際航空・シンガポール航空などのマイレージプログラムにもポイントを移行でき、これらの外資系航空会社のマイルに関しては、移行上限が一切設けられていない点も大きな魅力です。

ちなみにアメックスがANAと提携し、発行する「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」は、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加は必要ありませんが、ANAマイルに交換するためには年会費6,000円+税の「ポイント移行コース」への参加が必要になります。本コースに参加すると、アメックスのポイントを1,000ポイント=1,000マイルでANAマイレージクラブのマイルに、移行上限なく交換できる他、マイルの有効期限も実質無期限に(※通常ANAのマイルには最大3年の有効期限あり)。その他にも入会・継続・フライトでボーナスマイルが付与される点や、ANA航空券・機内販売利用でのポイント優待(1.5倍)、同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジなど、ANA利用時の特典が充実しており、ANAマイラーにとって非常に利用価値が高く、屈指の人気を誇るクレジットカードになっています。

旅行に役立つアメックスの傷害保険&ショッピング保険

旅行に役立つアメックスの傷害保険

アメックスのグリーンカードには国内旅行傷害保険が・海外旅行傷害保険ともに最高5,000万円が付帯。カードで購入した商品に関しても、購入日から90日間・年間最高500万円まで損害補償を受けられるので、国内・海外問わず、安心して買い物をすることができます。
また、空港・自宅までスーツケース1個を送ることができる「手荷物無料宅配サービス」や、空港内の荷物の移動で利用できる「無料ポーターサービス」も付帯。

ANA・アメリカン・エキスプレス・カードの付帯保険は、国内旅行傷害保険が最高2,000万円、海外旅行傷害保険が3,000万円。ショッピング保険やオンライン保険は、通常のアメックスと同様に付帯します。
航空券やツアー料金等の支払いをカードで行うなど、諸条件はありますが、一般のクレジットカードにはほとんどない充実した保障内容と言えるでしょう。

マイラーにおすすめのアメックス

  • ポイント実質無期限
  • コスパトップクラス
年会費 7,000円+消費税
利用限度額 会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定
ポイントとマイル
  • 通常…カード利用100円につき1ポイント※ANAグループでのカード利用(チケット、ツアー、機内販売)で1.5倍 オススメ!
  • 毎年のカード継続時1,000ポイント※貯めたポイントは1ポイント=1マイルでANAのマイルに交換可能
  • フライトボーナス…区間基本マイレージの+10%
  • Edy利用…200円につき1マイル
マイルへの移行 ポイント移行コース:6,000円+消費税(/年 自動更新)※ポイント移行上限なし オススメ!
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高3,000万円
  • 国内旅行障害保険…最高2,000万円
  • ショッピング・プロテクション…200万円(購入から90日間以内)
  • オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償
その他サービス
  • 空港ラウンジ…国内28空港・海外2空港のラウンジ利用※同行者1名まで無料
  • メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート

入会キャンペーン

期間中にカードに入会すると1,000マイルボーナス、さらにカード入会から1か月間にカード3回利用で1,000ポイント、3か月間にカード利用合計15万円達成で3,000ポイント、50万円達成で20,000マイルプレゼント!(2018年10月2日終了)

ANAアメリカン・エキスプレス・カード に行く

  • 充実した旅行保険
  • 空港ラウンジ同行者1名無料
年会費 12,000円+消費税
利用限度額 会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定
ポイントとマイル
  • 通常…カード利用100円につき1ポイント
  • 貯めたポイントは2,000ポイント=1,000マイル換算で提携航空会社15社のマイルに交換可能。
  • メンバーシップ・リワード・プラス(年3,000円+消費税)に登録すると、移行レートが1,000ポイント=1,000マイル(※ANAの場合、他の航空会社は1,250ポイント=1,000マイル)にアップ
マイルへの移行 ANAの場合…「メンバーシップ・リワード - トラベラーズ特典 ANAコース」(年会費5,000円+消費税)。ポイント移行の上限は年間80,000ポイント
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高5,000万円
  • 国内旅行障害保険…最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション…500万円(購入から90日間以内)
  • オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償
  • リターン・プロテクション…1商品につき最高3万円相当額までの返品に対応(購入から90日間以内)
その他サービス
  • 空港ラウンジ…国内28空港・海外2空港のラウンジ利用※同行者1名まで無料
  • 手荷物無料宅配サービス…空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送
  • 無料ポーターサービス…専任スタッフが荷物を運搬(成田、関空)
  • エアポート送迎サービス…海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をチャーター、利用可能地域内の指定の場所と空港間を格安料金で送迎
  • メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート

入会キャンペーン

初年度年会費12,000+税が無料!(終了日未定)

アメリカン・エキスプレス・カード に行く

  • 手厚い保険サービス
  • 世界中の空港ラウンジを利用可能
年会費 29,000円+消費税
利用限度額 会員の利用実績や資産状況に応じて個別に設定
ポイントとマイル
  • 通常…カード利用100円につき1ポイント
  • 貯めたポイントは2,000ポイント=1,000マイル換算で提携航空会社15社のマイルに交換可能。
  • メンバーシップ・リワード・プラス(年3,000円+消費税)に登録すると、移行レートが1,000ポイント=1,000マイル(※ANAの場合、他の航空会社は1,250ポイント=1,000マイル)にアップ
マイルへの移行 ANAの場合…「メンバーシップ・リワード - トラベラーズ特典 ANAコース」(年会費5,000円+消費税)。ポイント移行の上限は年間80,000ポイント
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高1億円
  • 国内旅行障害保険…最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション…500万円(購入から90日間以内)
  • オンライン・プロテクション…インターネット上での不正使用による損害を全額補償
  • リターン・プロテクション…1商品につき最高3万円相当額までの返品に対応(購入から90日間以内)
その他サービス
  • 空港ラウンジ…国内28空港・海外2空港のラウンジ利用※同行者1名まで無料
  • 手荷物無料宅配サービス…空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送
  • 無料ポーターサービス…専任スタッフが荷物を運搬(成田、関空)
  • エアポート送迎サービス…海外旅行の出発・帰国時に提携タクシー会社の車をチャーター、利用可能地域内の指定の場所と空港間を格安料金で送迎
  • メンバーシップ・トラベルサービス…国際線格安航空券、パッケージ・ツアー、会員優待価格での海外ホテル予約などの手配サポート

入会キャンペーン

初年度年会費29,000円+税が無料!(終了日未定)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード に行く

アメックスを利用してワンランク上のマイルライフを

15社もの航空会社のマイルにポイントを交換でき、特別感のあるサービスを受けられるアメックスは、多くのマイラーにとって憧れの1枚です。

世界最高峰のブランド力と充実したサービスを提供するアメックスですが、入会基準は「20歳以上で定職がある方」と実は入会するハードルが高い訳ではありません。つまり社会人で飛行機を使う機会がある方なら、申し込みを検討する価値は充分にあります。

高いマイル還元率はもちろん、他のカードとは一線を画するステータスを持つ点もアメリカン・エキスプレスの大きな魅力。クレジットカードが付帯したマイレージカードを検討している方は、アメックスへの入会を検討してみてはいかがでしょう?

spgカード