ユナイテッド マイレージプラスを解説。カードやマイレジプラスモールの活用法、特典旅行やANAのマイル交換について

DeNAトラベル

マイレージプラスを極める(ユナイテッド航空)

注目のマイレージプログラム

最終更新日|

キャッチ画像

マイレージプラスは、ユナイテッド航空のマイレージプログラムです。マイルの有効期限を延長できる等メリットが多く、外資系航空会社の中ではデルタ航空と並んで人気の高いマイレージです。

また、世界最大の航空連合「スターアライアンス」に加盟しているため、28の航空会社と相互にマイルの獲得・利用が可能。日系大手航空会社・ANA(全日空)との連携も良く、国内線でマイルを利用したい人にとっても利便性の高いマイレージでしょう。

マイレージプラスの特徴は?

マイレージプラスの特徴は?

マイレージプラスの最大の特徴は、マイルの有効期限を自由に延長できる点。有効期限は通常18カ月間ですが、マイレージプラスのマイル口座にマイルが加算されるたびに期限が18カ月間ずつ延長されます。フライで貯まるマイルはもちろん、マイルが貯まるクレジットカード(マイルカード)で買い物をしたり、ポイントサイトのポイントをマイルに交換するといった方法でも有効期限を延長することができます。

また、ユナイテッド航空はANAと提携しているため、ANA便利用でマイルが貯まるほか、貯めたマイルをANAの特典旅行に交換することもできます。特典旅行を利用する際の燃油サーチャージが無料になる点も、日系航空会社にはないユナイテッド航空の大きな魅力です。

マイレージプラスの特徴
マイルの有効期限を延長できる 有効期限は18カ月間。ただし、マイル口座に加算があればそのつど延長可能。マイルカードの利用やポイントサイトのマイル交換がおすすめ
特典旅行の燃油サーチャージが無料 ユナイテッド航空の自社便は完全無料。ANAなど提携航空会社も無料(一部有料)
ANAでマイルが貯まる&使える 座席は普通席のみ。ただし、同伴者が2親等以内に限られるANAとは異なり、友人・知人も利用可。乗り継ぎ便利用もできる
割引運賃でも100%マイルを加算 エコノミークラスの割引運賃(予約クラス:M、E、U、H、Q、V、W、S、T、L、K、G、N)でも100%マイルが加算される

マイレージプラス マイルの貯め方

マイレージプラスのおもなマイル獲得方法には、大きく分けて「フライト」「マイルカード」「マイレージプラスモール」の3種類があります。

フライト利用で貯める

マイルを貯めるもっとも基本的な方法はフライト利用です。通常、航空会社では航空券の「予約クラス」によって積算マイル数が変わり、エコノミー割引運賃といったクラスの低いチケットではもらえるマイルが0~70%に減額されます。ただし、ユナイテッド航空の場合、一部の格安チケットを除き、割引運賃でも100%のマイルが加算されるため、フライト利用が多い人にとってマイルを貯めやすい航空会社です

マイレージプラスのマイル積算表(国際線)
ユナイテッド航空(UA) ANA
ユナイテッド航空に搭乗した場合
  • 250%…F、A(グローバルファースト)
  • 175%…F、A(その他)、J、C、D
  • 150%…Z、P
  • 125%…Y、B
  • 100%…M、E、U、H、Q、V、W、S、T、L、K、G、N
  • 150%…F, A(ファーストクラス普通運賃)、J(ビジネスクラス普通運賃)
  • 125%…C, D, Z(ビジネスクラス普通運賃、割引運賃)
  • 100%…Y, B, M(エコノミークラス普通運賃)
  • 70%…P(ビジネスクラス割引運賃)、U, H, Q, E(キャリアペックス運賃)
  • 50%…V, W, S, T(エコノミークラス割引運賃、包括旅行運賃)
  • 30%…L, K, G, N(エコノミークラス割引運賃)
ANAに搭乗した場合 例:デルタ航空自社便の場合
  • 250%…F、A
  • 175%…J、C、D(ビジネスクラス)
  • 150%…Z、P(ビジネスクラス割引運賃)
  • 125%…Y、E(エコノミー正規普通運賃)
  • 100~70%…B、M、U、H、Q、V、W、S(エコノミークラス)
  • 100~50%…L、T、K(エコノミークラス割引運賃)
例:デルタ航空自社便の場合
  • 150%…F(ファーストクラス普通運賃)、A(ファースト割14)、J(ビジネスクラス普通運賃、ビジ割)
  • 125%…C、D、Z(ビジネスクラス(普通運賃、各種ビジ割)
  • 100%…Y(エコノミークラス普通運賃、エコ割プレミアム)、E(エコ割プレミアムライト)、B、M(エコ割スタンダード、エコ割スタンダードライト、スターアライアンス世界一周運賃)
  • 70%…P(ビジ割スペシャル)、U、H、Q(エコ割3/5/7、エコ割ロングステイ)
  • 50%…V、W、S、T(エコ割3/5/7、スーパーエコ割、エコ割ロングステイ)
  • 30%…L、K、G(エコ割50、エコ割ユース、エコ割スペシャル)
  • アルファベットは予約クラス。()内は航空券種類

クレジットカード利用で貯める

フライト以外のマイルの貯め方としては、ユナイテッドの提携クレジットカード(マイルカード)を使う方法が効率的です。日常のショッピングや公共料金などの支払いをカードにまとめることで、利用額100~200円につき1マイルを貯めることができます。また、マイルカードの会員はフライト利用時や毎年のカード継続時にボーナスマイルも加算されるため、本格的にユナイテッドのマイルを貯めたい場合はぜひ活用しましょう

ユナイテッド航空のおすすめマイルカード

  • マイルアップメンバーズでマイル3倍
  • ユナイテッド・マイラー必携の一枚
年会費 1,500円+消費税
マイル 1,000円につき最大15マイル
特徴
  • 最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯
  • カード継続時500マイル

MileagePlus セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード に行く

年会費 5,000円+消費税
マイル 100円につき1マイル
特徴
  • 最高3,000万円の海外旅行傷害保険が付帯

MileagePlus JCBカード(一般) に行く

年会費 15,000円+消費税
マイル 100円につき1マイル
特徴
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯

MileagePlus JCBカード ゴールドカード に行く

マイレージプラスモールで貯める

マイレージプラスモールは、ユナイテッド航空が楽天グループと提携運営するオンラインショッピングモールです。

マイレージプラスモールを経由して買い物や会員登録・資料請求等をすると、利用額などの条件に応じてマイルが貯まります。
ユナイテッド航空のマイルカードを利用すれば、カードで貯まるマイルとモール経由で貯まるマイルを二重に獲得することも可能

モール内には楽天市場などのメジャーなサイトが多いため、インターネットで買い物をする機会が多い方はチェックしておきましょう。

さらに、ユナイテッド航空では、1,000マイル=35ドル+米国消費税でマイルを購入することもできます(2,000マイル以上、150,000マイルまで)。また、マイレージプラス会員の間でのマイル移行や、家族・友人に購入したマイルを送る「ギブマイル」なども実施しており、「あと少しマイルが足りない」という場合や「余っているマイルを人に使ってもらいたい」という時に役立ちます。交換レートや手数料の面から見ると、必ずしもお得な貯め方ではないものの、マイルの扱いに関する自由度の高さは、日系航空会社にはない魅力です

マイレージプラスモールの主な店舗

  • 楽天市場…ショッピング利用額200円=1マイル
  • フォートラベル…口コミ投稿1件=25~65マイル ほか

マイレージプラス マイルの使い方

貯めたマイルを使う手段としては、おもに、マイルを航空券に引き換えられる「特典旅行」と、座席をエコノミーからビジネスなどへランクアップする「アップグレード」の2種類があります。どちらの特典もユナイテッド航空で利用できるほか、ANAをはじめとした提携航空会社でも利用することができます。

特典旅行

特典旅行はマイルの最もポピュラーな使い方です。特典旅行を利用するために必要なマイル数は、フライトの距離や、「エコノミークラス」「ビジネスクラス」といった座席のランク、そして「セーバー特典」「スタンダード特典」「スターアライアンス特典」という3種類の特典枠によって異なります。

セーバー特典 より少ないマイルで特典旅行に交換可能。座席数には制限がある
スタンダード特典 セーバー特典よりも必要マイル数が多くなるが、座席数も多め
スターアライアンス特典 スターアライアンスなどの提携航空会社で利用する際の必要マイル数。ほとんどのエリアでセーバー特典と同じマイル数となっている
特典旅行の必要マイル数(エコノミークラス・片道)
セーバー スタンダード スターアライアンス/提携航空会社
日本国内 10,00020,00010,000
日本-韓国(北アジア行き) 15,00030,00015,000
日本-ハワイ(ハワイ行き) 25,00060,00025,000
日本-ニューヨーク(アメリカ、カナダ、アラスカ行き) 35,00075,00035,000
日本-パリ(ヨーロッパ行き) 45,000100,00045,000

なお、特典旅行の予約は、ユナイテッド航空のオンラインサイトから24時間申込み可能。片道航空券・往復航空券のどちらも申込むことができ、行きはセーバー特典、帰りはスタンダード特典といった利用のしかたもできます。

アップグレード

アップグレード

アップグレートは、特典旅行に次いで利用頻度の高いマイル特典です。特典旅行と同じく、ユナイテッド航空便・提携航空便のどちらにも利用することができます。必要マイル数は、フライト距離と航空券の予約クラスによって異なります。ただし、ユナイテッド航空便の場合、航空券の予約クラスによっては所定の手数料が発生するため要注意。一方、提携航空便のアップグレードには手数料規定がなく、必要マイル数もユナイテッド航空の自社便よりも少なくすみます。

アップグレードの必要マイル数(エコノミークラス・片道)
マイレージプラス スターアライアンス/提携航空会社
日本国内
  • M/E/U/H/Q…15,000+75ドル
  • V/W…17,500+75ドル
  • S/T/K/L/G/N…20,000+75ドル
10,000
日本-韓国(北アジア行き)
  • M/E/U/H/Q…15,000+75ドル
  • V/W…17,500+75ドル
  • S/T/K/L/G/N…20,000+75ドル
15,000
日本-ハワイ(ハワイ行き)
  • 30,000+予約クラスにより350~600ドル
25,000
日本-ニューヨーク(アメリカ、カナダ、アラスカ行き)
  • 30,000+予約クラスにより350~600ドル
25,000
日本-パリ(ヨーロッパ行き)
  • 35,000+予約クラスにより350~600ドル
30,000

マイレージプラスまとめ

マイレージプラスは外資系航空会社の中でも日本人に人気の高いマイレージプログラムです。同じく外資系航空会社で、ユナイテッド航空と人気を二分するデルタ航空のスカイマイルと比較すると、日系大手航空会社のANAと提携している点と、オンラインショッピングモールが充実している点が大きな特徴です

海外に加えて日本国内でもフライト利用が多い人や、有効期限を気にすることなくマイルを貯めたい人は、ユナイテッド航空のマイレージプラスでマイルを貯めてみてはいかがでしょう。

spgカード