ANAマイルを有効期限なしで貯める方法

DeNAトラベル

ANAマイルを有効期限なしで賢く貯める方法 3選

マイレージ入門

最終更新日|

キャッチ画像

ANAのマイルを貯めていても、特典航空券に交換できるほどマイルが貯まる前に、有効期限がきてしまった…という経験をした方は少なくありません。(※実はマイレージ比較を運営する編集長ですらも、その経験をしており、泣く泣くEdyに交換した経験があります。)

そこで今回は、通常3年の有効期限があるANAマイルを、実質有効期限なしで貯める方法をご紹介します。本特集を参考に、マイルを貯めて目的の景品を手に入れましょう!

- ANAマイルを有効期限なしで貯める方法 -
1ANAマイルへ移行できる、有効期限のないポイントを貯める

まず最初にご紹介するのは、有効期限がないクレジットカードのポイントを貯めて、ANAマイルへ移行する方法です。景品交換に必要なマイル数から逆算し、ポイントを貯めた後マイルへ移行できるため、ANAマイルの有効期限を気にする必要がなくなります。
また、飛行機に乗る機会が少ない陸マイラーの方にも利用できることから、幅広い人におすすめできる方法と言えるでしょう。
ただし、ポイントに有効期限がなければどのクレジットカードでも良いというわけではなく、ANAマイルへの移行レート、年間移行上限、ポイントの貯まりやすさをチェックしておく必要があります。カードを作る前にしっかりと情報収集を行い、自分のカードの使い方に合った、良い方法を見つけましょう。ただしANAカード以外のクレジットカードを利用する場合、毎年の継続時や初回搭乗時のボーナスマイルがもらえない点には注意が必要です。

有効期限なしでANAマイルへ移行できる、おすすめのクレジットカード

  • ポイント実質無期限
  • コスパトップクラス
  • 豊富なキャンペーン
年会費 7,000円+税
ポイント ポイント還元率
  • 通常:1%
  • ANAグループでの利用:1.5%
有効期限
  • 通常:3年間
  • ポイント移行コース(年会費6,000円+税):無期限
マイル マイル移行レート
  • 通常:2,000ポイント=1,000マイル
  • ポイント移行コース登録時:1,000ポイント=1,000マイル
年間移行上限
  • 80,000マイル
カードの特徴とANAマイルを有効期限なしで貯める方法 ANAとアメリカン・エキスプレスが提携し、発行するクレジットカード。ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、「ポイント移行コース」(年会費6,000円+税)に入会すると、通常3年間のポイントの有効期限が、無期限になり、ANAマイルを有効期限なしで貯めることができる。また、ポイント移行コースに登録することで、ANAマイルへの移行レートも2倍にアップするため、マイルを効率良く貯めたい方にもおすすめ。ANAマイルへの年間移行上限が80,000マイルとなっている点には注意が必要だが、特典航空券の交換には十分なマイル数となっている。ANAマイルを効率よく貯めたい人に、おすすめのクレジットカード。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード に行く

  • マイル無期限
  • 高マイル還元率
年会費 27,000円+税
ポイント ポイント還元率
  • 通常:1%
有効期限
  • なし
マイル マイル移行レート
  • 1,000ポイント=1,000マイル
年間移行上限
  • なし
カードの特徴とANAマイルを有効期限なしで貯める方法 ANAダイナースカードは、ダイナースクラブが発行する、ANAカード。通常のクレジットカード利用100円につき、1ポイント付与。ダイナースクラブのポイントには有効期限がないため、実質ANAマイルを有効期限なしで貯めることができる。またANAダイナースは、ポイントからマイルへ移行する上限がない点も嬉しい。さらに、ANAマイルを効率良く貯めるための特典が充実。カード入会時や毎年の継続時に2,000マイルが、ANAカードマイルプラス提携店でのカード利用で100~200円につき1マイルが貯まる。クレジットカードで支払う機会が多い人や、ポイントとマイルを並行して貯めたい人に、おすすめの1枚。

ANAダイナースカード に行く

  • マイル還元率4%以上
  • ANAにもJALにもマイル交換可
年会費 31,000円+税
ポイント ポイント還元率
  • 通常:1%
  • SPG対象ホテル:4%
※2018年12月まで、100円ごとに+1ポイントもらえるキャンペーンを実施中!
有効期限
  • 最後にポイントを獲得した日から1年間
マイル マイル移行レート
  • 2,500ポイント=2,500マイル
※20,000ポイントの移行ごとに、5,000ポイントをプレゼント
年間移行上限
  • なし
カードの特徴とANAマイルを有効期限なしで貯める方法 シェラトンやウエスティン、セントレジスなど高級ホテルを経営するスターウッド・プリファードゲスト・アメリカン(SPG)と、アメリカン・エキスプレスが提携、発行するクレジットカード。通常のカード利用で100円につき1ポイントが貯まり、SPG系列のホテルでは4ポイント付与。貯めたポイントは2,500ポイントからANAマイルへ移行できる。20,000ポイントの移行毎に5,000ポイントがもらえるため、20,000ポイントから移行するのがお得だろう。ポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から1年間となっているため、継続的にカードを利用することで、ANAマイルを実質有効期限なしで貯め続けることが可能。SPG系列のホテルを利用する機会が多い人や、年間移行上限を気にせずマイルへ移行したい人におすすめ。

スターウッド・プリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード に行く

- ANAマイルを有効期限なしで貯める方法 -
2ANAのマイレージステイタスをダイヤモンドクラスまでアップさせる

ANAのマイレージステイタスをダイヤモンドクラスまでアップさせる

ANAでは、1月から12月までに獲得したプレミアムポイント数により、翌年度のステイタスを決定する”マイレージステイタス”と呼ばれるサービスを提供しています。マイレージステイタスには、「一般会員」「ブロンズステイタス」「プラチナステイタス」「ダイヤモンドステイタス」の4つのクラスがあり、ダイヤモンドステイタスになると、ポイントの有効期限が無期限に。つまりANAマイルの有効期限を気にすることなく、貯めることができるようになります。
ダイヤモンドステイタスの獲得に必要なプレミアムポイントとは、ANAやスターアライアンスに加盟する航空会社の利用で貯まるポイントのこと。ダイヤモンドステイタスまで上げるには、10万ポイント(※うちANAグループの航空便利用分5万ポイント)が必要です。例えば、ANAマイレージクラブカードを所持している人が、普通クラスを利用し、東京からNYまでの飛行機を利用した場合、プレミアムポイントが7,123ポイント付与されます。つまり同路線で計算すると、14回の搭乗=7往復をすることで、ダイヤモンドクラスを獲得でき、マイルの有効期限がなくなる計算です。
ただし注意が必要なのが、マイレージステイタスは1年間のみ有効となっている点。1度ダイヤモンドステイタスを取得しても、翌年10万ポイントが貯めることができなければ、ダイヤモンドステイタスから降格することに。降格した場合は、マイルの有効期限が復活し、ステイタスを失った年から3年間になります。毎年ダイヤモンドステイタスをキープするのは、決して簡単ではありません。この方法は、仕事や旅行などで飛行機に乗る機会が特に多い方限定の方法と言えるでしょう。

- ANAマイルを有効期限なしで貯める方法 -
3「ミリオンマイラー」資格を獲得する

ANAでは「ミリオンマイラー」資格を獲得すると、保有マイルの有効期限がなくなります。また、マイレージステイタスのように、1年間のみではなく、1度取得すると半永久的に特典が適用されるため、取得後は自分のペースでマイルを貯めることができます。
ミリオンマイラー資格は、ANAの航空便を利用して移動した距離を累計した、「LTマイル(ライフタイムマイル)」を100万まで貯めることで、獲得可能。例えば東京からNYまでの距離は、6,723マイルとなっており、同じ距離を149回、75往復すればミリオンマイラーになれる計算に。取得まで時間がかかるだけではなく、通常のマイルとは異なり、飛行機を利用することでしか貯められないため、短期的にこの資格を取得するのは現実的ではありません。

コラム ANAマイルをさらに効率よく貯める方法とは?

ANAマイルをさらに効率よく貯める方法とは?

ANAマイルは、様々なサービスを駆使することで、さらに効率良くマイルを貯めることができます。以下の方法を駆使してマイルを無駄なく獲得し、特典航空券のゲットを目指しましょう!

家族カードを発行して、マイルを合算する

ANAでは、本会員と家族カードのマイルを、合算することが可能です。例えば、家族で別々のクレジットカードを所持している場合や、子どもの生活をサポートするため、家族カードを持たせようと考えている場合は、ANAカードの家族カードを発行し、支払いをまとめることで、マイルをさらに効率よく貯めることができます。マイルを1つにまとめる場合、「ANAカード ファミリーマイル」への登録が必要ですが、オンラインもしくは郵送で簡単に申請が可能です。

ANAカードマイルプラスの加盟店で買い物をする

ANAカードマイルプラスに加盟している店舗で買い物をすると、カードの基本ポイントとは別に、100~200円の買い物につき1マイル貯まります。マイルの付与はANAカードでの支払いに限定されますが、普段の買い物で効率よくANAマイルを貯めることができるため、積極的に利用しましょう。ちなみにANAカードマイルプラス加盟店には、セブンイレブンやスターバックス、エネオスなど、業種を問わず様々な店舗が登録されています。

楽天Edyを利用する

楽天Edyを利用して支払った場合、200円につき1マイルが付与されます。また、紀伊国屋書店、ファミリーマートなどのEdyマイルプラス対象店舗では100円につき1マイルに。少額の利用でも、マイルを多く貯められる点が大きな魅力でしょう。

まとめ

まとめ

ANAマイルを有効期限なしで貯める方法特集はいかがでしたか?
クレジットカード会社のポイントや、ANAで提供している様々なサービスを利用すれば、有効期限なしでマイルを貯めることができます。
また、ANAマイルは、国内・海外旅行の航空券以外にも、ホテルの予約やレンタカーなど、様々なサービスを利用することが可能。本特集を参考に、ANAマイルをしっかり貯めて、目的の特典航空券(もしくは目当ての特典)をゲットしましょう。

spgカード