マイル還元率に注目!おすすめのクレジットカード

マイル還元率が高いおすすめのクレジットカード5選

マイレージまめ知識32

マイル還元率が高いおすすめのクレジットカード5選chapter1

マイル還元率が高いおすすめのクレジットカード5選

マイルを貯めるためにクレジットカードを選ぶ際、一番の選択基準となるのがマイル還元率。 マイラーであれば、誰もがマイル還元率が高いクレジットカードを選択し、できるだけ効率よくマイルを貯めたいと思うものです。

そこで、本特集ではマイル還元率が高いおすすめのクレジットカードをJAL、ANAなどマイレージプログラム別に5つご紹介。年会費やその他のサービスとのバランスもチェックして、自分にあったクレジットカードを選びましょう!

※本特集でのマイル還元率は、付与マイル÷利用金額 で算出しています。

おすすめのクレジットカード5選check

【JAL】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
【JAL】セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
マイル還元率
  • 通常:0.25%
  • 海外:0.5%
  • SAISON MILE CLUB加入:1.125%
ボーナスマイル
なし
年会費
20,000円+税
※年間200万以上の利用で次年度10,000円+税
旅行保険
  • 海外旅行保険:最高1億円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最高5,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ
海外400ヶ所以上、国内20ヶ所以上
その他の特徴
  • コンシェルジュサービス
  • ホテル・レストラン優待サービス 
解説
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはJALのマイル還元率に定評があるプラチナカード。
特筆すべきはセゾン独自のJALマイルプログラムです。通常のマイル還元率は0.5%以下ですが、「SAISON MILE CLUB」プログラムへ登録するとショッピング1,000円につき10JALマイルが付与されます。つまり、この時点でマイル還元率は1%。さらに、同プログラムへ入会した後もマイルに交換可能な「永久不滅ポイント」が2,000円につき1ポイント付与されるため、合計のマイル還元率は1.125%となります
この「SAISON MILE CLUB」は入会に年会費4,000円+税が通常必要ですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには無料付帯。
その他にも世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスや最高1億円の海外旅行保険など、プラチナカードならではの特典も充実しています。
本クレジットカードは通常のセゾンプラチナアメリカン・エキスプレスカードと異なり、自ら加入申し込みができる点も要チェック。名前に「ビジネス」と付いていますが、個人での申し込みも可能です
【JAL】JALカードSuica
【JAL】JALカードSuica
マイル還元率
1%(ショッピングマイルプレミアム加入時)
ボーナスマイル
  • 入会後搭乗:1,000マイル
  • 毎年初回搭乗:1,000マイル
  • フライトマイル:+10%
年会費
初年度無料
2年目以降 5,400円~(ショッピングマイルプレミアム加入時)
旅行保険
  • 海外旅行保険:最高1,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最高1,000万円(自動付帯)
空港ラウンジ
なし
その他の特徴
Suicaの利用で貯まったビューサンクスポイントもマイルへ交換可能
解説
JALカードSuicaは通常のショッピングに加え、Suicaのチャージでマイルが貯まるクレジットカード。
通常のマイル還元率は0.5%ですが、年会費3,240円の「ショッピングマイル・プレミアム」へ加入することで、100円につき1マイル付与され、マイル還元率が1%までアップ
さらに、Suicaチャージで貯まるビューサンクスポイントは、600ポイントを1,000マイルへ交換可能。マイル還元率を計算すると、こちらも1%と高いマイル還元率を誇ります。
ビューサンクスポイントからマイルへの交換は、通常のJALカードやSuica系クレジットカードでは対応しておらず、JALカードSuicaだけの特典です
また、JALカードSuicaは、他のJALカードと同様にボーナスマイルを用意。ショッピングだけでなく、フライトでもマイルを貯めたいという方にとって、嬉しいクレジットカードと言えるでしょう。
【ANA】漢方スタイルクラブカード
【ANA】漢方スタイルクラブカード
マイル還元率
0.9%
ボーナスマイル
なし
年会費
初年度無料
2年目以降1,500円+税
旅行保険
  • 海外旅行保険:最高2,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:最高1,000万円(利用付帯)
空港ラウンジ
なし
その他の特徴
年間獲得ポイントに応じてボーナスマイルを付与
解説
漢方スタイルクラブは、安価な年会費で高いマイル還元率を実現している注目のクレジットカード。
漢方スタイルクラブでは2,000円につき6ポイントを付与。貯めたポイントは300ポイントで900ANAマイルへ交換することができるため、マイル還元率は0.9%となります(※交換手数料無料)
また、年間獲得ポイントに応じてボーナスマイルが付与される点も要チェック。年間2,000ポイント以上(利用額約67万円)で250ポイント、年間3,500ポイント以上で350ポイントを追加で獲得できます。
ANAのマイル還元率だけで言えば、漢方スタイルクラブカードを上回るクレジットカードもありますが、年会費が2,000円以内のクレジットカードとしては破格のマイル還元率と言えるでしょう
海外旅行保険が自動付帯している点も、海外旅行でマイルを貯めたい方におすすめのポイントの一つ。安価な年会費で所有できるANAマイルが貯まるクレジットカードとして、チェックしておくと良いでしょう。
【ANA】アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカード
【ANA】アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカード
マイル還元率
1%~3%
ボーナスマイル
  • 入会時:3,000マイル
  • 初回搭乗時:5,000マイル
  • 継続時:1,000マイル
年会費
10,000円+税
※ANAマイル以降手数料 年会費5,000円+税
旅行保険
  • 海外旅行保険:最高3,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行保険:最高2,000万円(利用付帯)
  • ※家族特約付き
空港ラウンジ
国内空港、同伴者1名無料
その他の特徴
入会時、初回搭乗時、毎年継続時に合わせて9,000マイル相当分のポイントをプレゼント。
解説
アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードは航空券全般の購入に圧倒的な強さを見せるクレジットカード。
アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーではショッピング100円に付き1ポイントを付与。ポイントは1P=1マイルで交換できるため、通常マイル還元率は1%となります
これだけでも、他のクレジットカードと比較して有利なカードですが、アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードでは、さらに対象航空会社26社の航空券購入でポイントが通常の3倍に。マイル還元率は3%まで上昇します。貯まったポイントはANA、デルタ航空を始めとする16の航空会社へ交換が可能。残念ながらJALマイルへと交換することはできませんが、JALでマイルを貯めることができるため、JALに乗って貯めたポイントをANAマイルへ交換する、といった技も使えます。
その他に注目したいのが旅行保険について。アメリカン・エキスプレス・スカイトラベラーカードの旅行保険は、家族特約が付いており、家族旅行の際にも便利。利用付帯となる点には注意が必要ですが、スカイトラベラーカードをメインカードとして使う場合、魅力ある特典の一つです。
【マイレージプラス】MileagePlus セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
【マイレージプラス】MileagePlus セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
マイル還元率
1.5%
ボーナスマイル
  • 入会時:2,000マイル
  • 継続時:500マイル
年会費
6,500円+税
旅行保険
  • 海外旅行保険:最高3,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行保険:─
空港ラウンジ
なし
その他の特徴
  • コスモ石油で還元率2%
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト(世界100以上の地域での特典・優待)
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス(トラベルサポートサービス)
解説
MileagePlus セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードはマイル還元率に定評があるクレジットカード。
本クレジットカードで貯まる「マイレージプラスマイル」はユナイテッド航空が運営するマイルプログラム。マイレージプラスマイルはANAの特典航空券の購入に使用でき、マイルを貯めやすいことから、日本でも高い人気を得ています
ショッピングで貯まるマイルは通常1,000円につき5マイルですが、マイルアップメンバーズ(年会費5,400円)に加入することで、1,000円につき15マイルまで還元率が上昇。年会費を1万円以内に抑えながら、マイル還元率1.5%を実現している点は大きな魅力と言えます
また、飛行機への搭乗の有無に関係なく入会・継続マイルがゲットできる点は、ショッピング中心にマイルを貯める際に嬉しいポイント。
ユナイテッド航空を利用する方はもちろん、貯めたマイルでANAの特典航空券を狙っている方にもおすすめのクレジットカードです

まとめchapter2

今回紹介したクレジットカードは全て平均的なマイル還元率を上回っており、他のマイルが貯まるクレジットカードと比較しても、マイルを貯めやすいことは間違いありません。
ショッピングをメインにマイルを貯める方は、ぜひ本特集を参考に、マイル還元率が高いクレジットカードを見つけてみてください!

RankingJALカード比較
JALカードSuica
JR東日本提携のJALカード。カード利用のマイル積算に加えて、定期券購入やSuicaチャージでビューサンクスポイントが貯まり、マイルに交換できる。
JALカード TOP&ClubQ
東急提携のJALカード。カード利用のマイル積算に加えて、東急百貨店・東急ストアなどの利用でTOKYUポイントが貯まり、マイルに交換できる。
JAL ダイナースカード
世界で初めてクレジットカードを発行したダイナースクラブとJALが提携・発行するカード。圧倒的なブランド力と充実した付帯サービスが魅力。
JAL・MasterCard/VISAカード
MasterCard・VISAカードとJALが提携・発行するJALカード。「JMB WAONカード」と併用すると、WAONチャージでマイルをゲットできる。
AEON JMBカード
イオン提携の年会費無料JALカード。カード利用とWAON利用でマイルが貯まる。毎月20日・30日はジャスコ、マックスバリュ、メガマートで5%割引
RankingANAカード比較
ANAアメリカン・エキスプレス
入会で3,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA Suicaカード
ANAと三井住友カードが提携・発行するクレジットカード。Suicaとして使うこともでき、マイルをSuicaに交換することができる
ANA JCBカード(一般)
JCBが発行するANAカード。他ブランド(VISA、Master)のANAカードと比較すると交換手数料が安く、50万円以上のカード利用で翌年のポイント還元率がアップ。
ANAダイナースカード
ダイナースクラブが発行するANAカード。高いマイル還元率を誇り、マイルへの交換可能なポイントに有効期限がない。
ANA JCBカード(ワイド)
JCBが発行するANAワイドカード。入会時・継続時に一般カードの2倍のボーナスマイル、毎回のフライトでは2.5倍のボーナスマイルがもらえる。

このページのトップへ