HOME > マイレージまめ知識 > 大韓航空とマイレージ

大韓航空とマイレージ =マイレージまめ知識20=

大韓航空とマイレージ

大韓航空は、世界三大アライアンス「スカイチーム」に所属する韓国最大手の航空会社です。
韓国を拠点に、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、および南アメリカを結ぶ広範囲のネットワークを持っており、日本への就航便もデルタ航空に次いで多く、日本のマイラーになじみの深い航空会社と言えるでしょう。

さらに、外資系航空会社の中でも航空券の料金が安めに設定されている点、国際機内食協会が授与する「マーキュリー賞」で過去2度の最優秀機内食賞を受賞するなど、サービス面での評価も高く、快適な旅を重視する旅行者にとっても注目の存在です。

今回は、大韓航空のマイレージプログラム「スカイパス」にスポットを当てて、スカイパスの内容や、マイルの貯めやすさ、おすすめのマイルカードを解説します。

大韓航空のマイレージ「スカイパス」とは?

大韓航空のマイレージ「スカイパス」とは?

大韓航空のマイレージプログラム「スカイパス」は、マイル有効期限が10年間と長く、家族でマイルを合算できる点から人気の高いマイレージプログラムです。

また、通常はマイルの積算対象外となることが多い格安航空券やツアー運賃でも自社便のフライトであれば70〜100%のマイル加算を受けられるため、格安航空券の積算マイルが50%減額(or加算対象外)となるJAL、ANA等の国内航空会社と比較すると有利です。

さらに、同じスカイチームに所属するデルタ航空を利用した場合は、格安航空券でも100%のマイル加算を受けることができます(予約クラスE、N、O、R、V、W、X、L、U、T以外)。

【大韓航空のマイレージ加算表/自社便】
座席クラス 予約クラス 加算レート
エコノミークラス Y、W、B、M、H、E、K 100%
G (団体) 80%
Q、T (特別割引料金) 70%
A、O、X、N、V 加算対象外

一方、スカイパスの弱点は、デルタ航空以外の航空会社とのマイル提携の弱さです。
アリタリア航空や中国東方航空などスカイチームの一部の航空会社の格安航空券を利用した場合、50%のマイル減額やマイル加算対象外となってしまいます。

【大韓航空・スカイパスのメリット】
マイル有効期限

10年間(2008年6月30日以前に積算されたマイルは無期限)

マイル加算

格安航空券やツアー運賃でも70〜100%のマイルを加算。同じスカイチーム所属のデルタ航空を利用した場合は、格安航空券も100%加算される(予約クラス: E、N、O、R、V、W、X、L、U、T以外)

家族マイル

家族間でマイル合算が可能 (会員本人の配偶者、父母、子女、祖父母、孫)※兄弟姉妹、配偶者の両親にも順次拡大

特典航空券の割引制度

一会員の口座から、同一の出発/到着地域、同一シート、同一シーズンのボーナス航空券(特典航空券)を発給するとマイルが10%OFF

 

【大韓航空・スカイパスの弱点】
デルタ航空以外の航空会社とのマイル連携

デルタ航空を除くほとんどのスカイチーム参加航空会社では、格安航空券でのフライトが50%に減額orマイル加算対象外

デルタ航空・スカイマイルとの連携でスカイパスをもっとお得に

デルタ航空・スカイマイルとの連携でスカイパスをもっとお得に

このように、大韓航空のマイレージは、メリットとデメリットのはっきりしたマイレージプログラムですが、充実した航空路線網やチケットの安さ、機内サービス等を考えると、上手に利用したい航空会社の一つです。

そこで、同じスカイチームに所属するデルタ航空との連携で、マイルを共有したり、よりお得なレートでマイルを貯める(使う)方法にトライしてみましょう。

たとえば、特典航空券の必要マイル数を比較すると、最低必要マイル数だけを見ればデルタが少ないものの、ピーク時などの最大必要マイル数では大韓航空のほうが少ないケースもあります。つまり、シーズンによっては大韓航空の特典航空券を利用したほうがお得になる場合があるのです。また、大韓航空は家族でのマイル合算やマイル割引などがあるため、これらも考慮してマイル交換を行なうと良いでしょう。

一方、デルタのマイルはスカイチームの他の航空会社とのマイル連携がとれており、格安航空券でもほぼ減額されずにマイルを貯められるため、大韓航空以外の航空会社も頻繁に利用するようであれば、デルタのスカイマイルをベースにするのがおすすめです。

  大韓航空・スカイパス デルタ航空・スカイマイル
路線※エコノミー 特典航空券(往復) アップグレード 特典航空券(往復) アップグレード
韓国国内 通常期:10,000
ピーク期:15,000
通常期:3,000
ピーク期:4,000
東京-ソウル 通常期:40,000
ピーク期:60,000
通常期:20,000
ピーク期:30,000
15,000〜60,000 10,000〜
東京-バンコク 通常期:40,000
ピーク期:60,000
通常期:25,000
ピーク期:35,000
4,5000〜100,000 10,000〜
東京-ニューヨーク 通常期:70,000〜160,000
ピーク期:105,000〜240,000
通常期:60,000
ピーク期:90,000
70,000〜160,000 25,000〜
東京-パリ 通常期:70,000〜160,000
ピーク期:105,000〜240,000
通常期:60,000
ピーク期:90,000
80,000
*エールフランス等、提携航空会社便を利用
40,000
*エールフランス等、提携航空会社を利用

※大韓航空のアップグレード特典は以下の航空券には使用不可
- 50%以上割引きの航空券
- X、G(団体航空券賃)
- B, E, H, L, N, Q, V (特別運賃)
- R(プレステージ席特別運賃
- Sクラスのうちで運賃がS*EE3Mの場合

大韓航空とデルタのマイルカードを比較

大韓航空とデルタのマイルカードを比較

大韓航空、デルタ航空とも、カード利用でマイルが貯まるクレジットカード機能付きのマイルカードを発行しています。

どちらのマイレージをベースにするかで、所持するマイルカードの種類も変わります。
2種類のマイルカードを見てみると、大韓航空のマイルカード(一般)は初年度年会費無料の特典に加えて、年会費1,250円+消費税とリーズナブルながら、カード利用100円につき1マイルというゴールドカード並みのマイル付与率が特徴的です。

なお、大韓航空ではクレジットカードの付帯しない「スカイパスカード」や、12歳未満の子供用の「スカイパスジュニアカード」も発行しており、ジュニアカード会員は大人会員と同様100%のマイルを貯めることができます

対するデルタ航空のマイルカードは、入会時のボーナスマイルが充実している点が特徴。また、専用のオンラインショッピングモール「スカイマイルショッピング」を経由して買い物をすると、最大6倍のボーナスマイルが付与されるなどの特典もあります。

  SKYPASS/JCBカード SKYPASS/JCBゴールドカード デルタ スカイマイルJCBカード(テイクオフ) デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
  SKYPASS/JCBカード SKYPASS/JCBゴールドカード デルタ スカイマイルJCBカード デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード画像
年会費 1,250円+消費税(初年度無料 10,000円+消費税(初年度全額キャッシュバック 1,500円+消費税(初年度無料 12,000円+消費税
マイル カード利用100円=1マイル カード利用100円=1マイル カード利用100円=1マイル
※デルタ航空券の購入はマイル2倍
カード利用100円=1マイル
入会特典 【2015年3月31日まで】
  • 入会で初年度年会費無料
  • カード利用&電子マネー利用でボーナスマイル最大5,000マイル
【2015年3月31日まで】
  • 入会で初年度年会費全額キャッシュバック
  • カード利用&電子マネー利用でボーナスマイル最大7,000マイル
【2015年1月31日まで】
  • 入会で500マイル
  • 初年度年会費無料
  • カード利用・フライト利用等で最大23,000マイル
【2015年1月15日まで】
  • 入会で10,000マイル
  • カード利用で2,000マイル
  • 初回搭乗10,000〜25,000マイル
  • 上級資格・シルバーメダリオン無料付帯
付帯保険・サービス ▼ 海外旅行障害保険
最高3,000万円
▼ショッピングガード保険
最高100万円(自己負担額1万円)
▼ 海外旅行障害保険
最高1億円
▼ 国内旅行傷害保険
最高5,000万円
▼ショッピングガード保険
最高300万円(自己負担額3,000円)
▼ライフアクシデントケア制度
空き巣被害見舞金…5万円
犯罪被害傷害保険…最高1,000万円
▼空港ラウンジ
国内28空港および ホノルル国際空港
▼ 海外旅行障害保険
最高2,000万円
▼ショッピングガード保険
最高200万円(自己負担額1万円)
▼スカイマイル・ショッピング
マイルが最大5倍貯まるショッピングモール
▼ 海外旅行障害保険
最高5,000万円
▼ リターン・プロテクション
購入日から90日以内の商品を全額払い戻し
▼オンライン・プロテクション
インターネット上での不正使用による損害を全額補償
▼スカイマイル・ショッピング
マイルが最大5倍貯まるショッピングモール
  このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く このサイトに行く

大韓航空とデルタ航空のマイルカード

大韓航空とマイレージ、いかがでしたでしょうか。

デルタ航空やユナイテッド航空などのアメリカ系の航空会社に比べて目立たない印象の大韓航空ですが、マイレージの使い勝手やチケットの価格帯などを見ても、チェックしておいて損のない航空会社とマイレージプログラムです

特に韓国国内でのフライトや、アメリカ・ヨーロッパ方面などの遠距離区間は、チケットも安くおすすめ。

デルタ航空をはじめスカイチームの加盟航空会社を利用している方は、大韓航空のマイレージを利用してお得な空の旅を楽しんでみてはいかがでしょう。

マイレージ比較
1位ANA「ANAマイレージクラブ」
スターアライアンスに所属する国内大手航空会社。国内線・国際線共に豊富な路線網を持つ。ショッピングやカード利用でのマイル獲得機会が多い。
3位JAL「JALマイレージバンク」
ワンワールド所属の国内大手航空会社。小田急・東急・JRなどの鉄道会社と多く提携しており、チャージや定期券の購入でもマイルを獲得する機会がある。
3位UA「マイレージ・プラス」
スターアライアンスに所属する、世界で2番目に大きい航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%をGETできる。
2位デルタ「スカイマイル」(旧:ワールドパークス)
スカイチーム所属の外資系大手航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%を付与。貯めたマイルに実質の有効期限がない。
5位大韓航空「スカイパス」
韓国のフラッグシップ。日本への就航便はデルタ航空に次いで多い。マイル有効期間は10年間。航空チケットが安く、予約クラスによるマイル減額も少なめ。
もっと詳しく
ANAカード
1位ANAアメリカン・エキスプレス
入会で3,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
2位ANA VISA Suicaカード
ANAと三井住友カードが提携・発行するクレジットカード。Suicaとして使うこともでき、マイルをSuicaに交換することができる
2位ANA JCBカード(一般)
JCBが発行するANAカード。他ブランド(VISA、Master)のANAカードと比較すると交換手数料が安く、50万円以上のカード利用で翌年のポイント還元率がアップ。
4位ANAダイナースカード
ダイナースクラブが発行するANAカード。高いマイル還元率を誇り、マイルへの交換可能なポイントに有効期限がない。
5位ANA JCBカード(ワイド)
JCBが発行するANAワイドカード。入会時・継続時に一般カードの2倍のボーナスマイル、毎回のフライトでは2.5倍のボーナスマイルがもらえる。
もっと詳しく