デルタ航空マイレージを改定。飛距離でなく航空運賃ごとにマイルを付与

デルタ航空マイレージを改定。マイルの付与基準、飛距離でなく運賃で

マイレージ比較ニュース

デルタ航空マイレージを改定。マイルの付与基準、飛距離でなく運賃で

世界第3位の航空会社であるデルタ航空は、2015年1月1日より航空運賃を基準にしたマイル獲得モデルの導入を発表しました。これは、マイルの付与基準を見直し、従来のフライト飛行距離をベースにしたものから、航空券の金額に応じて付与する方式に変更するというものです。

変更後のマイレージプログラムでは、航空券の購入価格1米ドルごとに、5マイルから11マイルが付与されます。デルタ航空を頻繁に利用する人や、ビジネスクラスなどの高価な航空券を購入した人が、より多くマイルをもらうことができるしくみと言えるでしょう。
また、同じ額の航空券であっても、スカイマイルの会員資格によって獲得マイル数が異なり、上級会員になるほど多くのマイルが付与されます(メダリオン会員の資格取得条件は変更なし)。

デルタ航空のマイル獲得表check

スカイマイル会員資格 一般会員 シルバー メダリオン ゴールド メダリオン プラチナ メダリオン ダイヤモンド メダリオン
航空券1米ドルあたりの獲得マイル数 5 7 8 9 11

デルタ航空マイレージを改定。マイルの付与基準、飛距離でなく運賃で

上記のマイレージの改定と合わせて、デルタ航空では、特典旅行の必要マイル数を5段階に分け、より少ないマイル数で利用できる特典航空券枠を増加するとともに、片道特典航空券の導入、マイルと現金を組み合わせて使える「マイル+キャッシュ(マイル プラス キャッシュ)」などのサービスを予定しています
また、特典航空券が利用できない適用除外日(ブラックアウト)は、現行に引き続き設定せず、どのフライトでも全席を特典旅行の対象とすることを発表しています。

デルタ航空がこのような改定を行う背景には、高い運賃を支払うビジネスクラスおよびファーストクラスの顧客と、エコノミー割引運賃を利用する顧客とが同一の付与マイルであることへの不公平感を払拭するねらいがあるようです。
また、デルタ航空のホームページ上では、スカイマイル会員との3年以上数千回におよぶ対話の結果、「マイレージプログラムにとってもっとも重要なのは、特典が利用しやすいことだ、という意見をいただいた」とも説明しています。

いずれにしても、エコノミー割引運賃で100%のマイル加算を受けられることが大きな魅力の一つでもあったデルタ航空のマイレージは、ここにきて大きな転換期を迎えようとしています。デルタ航空が新たに追加するサービスと差し引きした上で、どちらがよりお得になるかによって、デルタ航空を使い続けるか、乗り換えるかを決めるユーザーが多くなるでしょう。

なお、運賃基準のマイレージを導入する大手航空会社は、現在のところデルタ航空に限られているため、デルタの提携航空会社が発券した航空券を利用する場合には、従来通り飛行距離に応じたマイルが加算されます。

来年1月に大きな改定が行われるデルタ航空のマイレージ。現在デルタ航空でマイルを貯めている人は、新しいマイレージのメリットとデメリットをよく比較し、今後デルタが追加する様々なサービスにも注目していきましょう。

デルタ航空 新マイレージ開始後におすすめのマイルカードcheck

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスカード
特徴
デルタ航空とアメリカン・エキスプレスが提携発行するマイルカード。クレジットカード利用100円につき1マイルが貯まるほか、デルタ航空券の購入でマイルが2倍。カード発行と同時に上級会員資格「シルバーメダリオン」も付与される。
年会費
12,000円+消費税
入会キャンペーン
  • 【2016年10月31日まで】
  • 新規入会&カード利用で最大25,000マイル、さらにデルタ航空の上級会員資格「シルバーメダリオン」が付帯!
付帯サービス
空港ラウンジ(国内28空港、海外2空港)
無料ポーターサービス
手荷物無料宅配サービス
海外旅行傷害保険:最高5,000万円
ショッピングプロテクション:最高500万円

このページのトップへ