デルタマイレージの基本。マイル利用の方法や、おすすめのデルタカードは?

デルタマイレージの基本

注目のマイレージカード&マイレージプログラム

デルタ航空は、アメリカに拠点を置く世界第3位の航空会社です。外資系の航空会社でありながら日本への就航便が多く、航空運賃も手頃。
特に、デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」は、マイルに有効期限がない点や、日本独自のサービスを提供している点などから、日本のマイラーにも人気が高いマイレージプログラムです

ここでは、デルタ航空のマイレージにスポットを当てて、デルタマイレージの特徴や、マイルの貯め方・使い方、デルタのマイルを貯めやすいマイルカード等を紹介していきます。

デルタマイレージの特徴chapter1

デルタ航空のマイレージプログラムには、「マイルに有効期限がない」「マイルを自社便の特典航空券に交換した際の燃油サーチャージがかからない」等、様々なメリットがあります。
特典航空券の利用範囲も、JALやANAが「会員の2親等以内の家族」などに限定しているのに対し、デルタ航空では利用範囲に制限がなく、友人や知人と利用することが可能です。

また、20の航空会社からなる航空連合「スカイチーム」に所属しており、独自提携している航空会社と合わせて、計27の航空会社と路線やマイルを共有することができます。
マイルが貯まりやすいしくみが整っており、貯まったマイルを利用する際にも、提携路線が多く、燃油サーチャージなどの費用負担が少ない点が、デルタマイレージが支持を集める理由でしょう。

  • デルタマイレージの特徴
  • マイルに有効期限がない
  • 特典航空券(自社便)の燃油サーチャージが無料※提携航空会社は一部無料
  • 提携航空会社が多い(32の航空会社と就航路線を共有)
  • 特典航空券の利用範囲が広い(会員家族でなくても利用可)
  • ボーナスマイルキャンペーンが豊富(ニッポン500マイルキャンペーンなど)
  • ほかにもある、デルタマイレージのお得な情報

デルタのマイレージが向いているのはこんな人

デルタのマイレージが向いているのは、有効期限を気にせずじっくりとマイルを貯めたい人(JAL、ANAのマイル有効期限は3年間)や、旅行・出張などで国際線のフライト利用が多い人です。
また、友人や恋人との旅行にマイルを活用したい人も、日系の航空会社より、デルタ航空など外資系航空会社のマイレージが向いています。

  • デルタのマイレージが向いている人
  • 国際線をメインで利用する
  • マイルを無期限で貯めたい
  • 貯めたマイルを恋人や友人と使いたい

デルタマイレージ~マイルの貯め方~chapter2

デルタマイレージ

デルタのマイルを貯めるもっとも基本的な方法はフライト利用です。かつてはフライト区間によって獲得できるマイル数が決まりましたが、2015年1月からは運賃とスカイマイルの会員ランクに応じてマイルを付与。デルタ航空はもちろん、提携航空会社のフライト利用でもマイルを貯めることができます。

デルタは日本国内線を運航していないため、マイルを貯めることができるのは原則として国際線のみですが、現在実施している「ニッポン500マイルキャンペーン」を活用すれば、航空会社を問わず、すべての日本国内線で片道500マイルをもらえます

また、デルタ航空がクレジットカード会社と提携発行するクレジットカード(マイルカード)を使うと、カード利用額100円ごとにデルタのマイルが1~3マイル貯まります。ショッピングだけでなく、税金や公共料金・家賃支払いなどもマイルカードにまとめることで、マイルの獲得スピードを格段に早めることができます

その他、デルタ航空では、マイルの購入やプレゼント、スカイマイル会員同士のマイル移行などにも対応しており、マイルの特典を利用するのに「あと少しマイルが足りない…」という場合などに役立てることができます。

おもなデルタマイルの貯め方check

  フライトの利用 ニッポン500マイルキャンペーン(2017年3月31日まで) 提携クレジットカード(マイルカード)の利用 マイルの購入・プレゼント・移行
マイルの貯め方 デルタ航空もしくはデルタ提携航空会社のフライトを利用 日本のすべての国内線(航空会社問わず)の航空チケットの半券をデルタ航空(日本支部)に送付 ショッピングや公共料金の支払い等にマイルカードを利用
  • 購入…1マイルあたり0.035ドル
  • プレゼント…1マイルあたり0.035ドル。1回の手続きで1~4名の受取人を設定可能
  • 移行…1マイルあたり0.01ドル。1回あたり移行手数料30ドル。1回の手続きで1~4名の受取人を設定可能
どれくらい貯まる?
  • 例:デルタ航空自社便の場合
  • 一般会員…1$につき5マイル
  • シルバーメダリオン…1$につき7マイル
  • ゴールドメダリオン…1$につき8マイル
  • プラチナメダリオン…1$につき9マイル
  • ダイヤモンドメダリオン…1$につき11マイル
片道500マイル、往復1,000マイル
  • 例:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード画像
  • カード利用100円につき1マイル
  • デルタ航空の航空券&旅行商品購入100円につき2マイル
  • 年間カード利用額100万円ごとに3,000マイル(3回まで)
  • シルバーメダリオン特典 マイル付与率5マイル/1$→7マイル/1$ にアップ
  • 毎年のカード継続で2,000マイル
  • カード入会後6ヶ月以内のフライト利用で10,000~25,000マイル
  • カード入会でもれなく5,000マイル
  • 購入…2,000マイル~60,000マイル(2,000マイル単位)
  • プレゼント…2,000マイル~60,000マイル(2,000マイル単位)。1口座あたり60,000マイルまで
  • 移行…1,000マイル~30,000マイル(1,000マイル単位)。口座への預入は1口座あたり300,000マイルまで。口座からの移行は1口座あたり150,000マイルまで

マイルをしっかり貯めるならマイルカードがおすすめ

本腰を入れてデルタのマイルを貯めるのであれば、デルタのマイルカードは必須アイテムです。フライト利用に加えて、カード利用でもマイルが貯まるうえ、フライト利用時や毎年のカード継続時には一定のボーナスマイルも加算されます。

デルタの上級会員(メダリオン)になるには、通常一定数のマイルやフライト区間をクリアする必要がありますが、一部のクレジットカードでは、あらかじめ上級会員資格が付帯しています。上級会員資格が付帯しているカードを選べば、フライト利用時には上級会員専用レートでマイルを獲得することが可能。さらに海外旅行保険や空港ラウンジ、上級会員資格など、カード会員ならではの特典も付帯。ほとんどのマイルカードは年会費が有料となりますが、特典航空券を目的にマイルを貯める人であれば、ほぼ確実に年会費以上のリターンを得ることができます

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレスカード
上級会員シルバーメダリオンが付帯
年会費
12,000円+消費税(初年度無料)
マイル
  • カード利用:100円=1マイル
  • カード利用ボーナス:年100万円ごとに3,000マイル(3回まで)
  • デルタ航空の航空券&旅行商品購入:100円=2マイル
  • 毎年のカード継続:2,000マイル
  • フライトマイル7マイル/1$(シルバーメダリオン特典)
  • スカイマイルショッピング:通常マイルに加えて所定のボーナスマイル
  • スカイマイルダイニング:100円=最大5マイル
入会特典
  • カード入会で5,000マイル
  • 3か月のカード利用で最大15,000マイル
  • 公共料金など、特定の加盟店での利用で最大15,000マイル
  • さらに初回搭乗でエコノミークラス10,000マイル(ビジネスクラス25,000マイル)
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション…年間最高500万円
その他の特典
  • 空港ラウンジ…国内28か所、海外2か所 上級会員資格「シルバーメダリオン」を無料付与(フライトボーナスマイル、優先チェックイン、優先搭乗など)
  • エアポート送迎サービス
  • 無料ポーターサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
上級会員ゴールドメダリオンが付帯
年会費
26,000円+消費税
マイル
  • カード利用:100円=1マイル
  • カード利用ボーナス:年100万円ごとに3,000マイル(3回まで)
  • デルタ航空の航空券&旅行商品購入:100円=3マイル
  • 毎年のカード継続:5,000マイル
  • フライトマイル8マイル/1$(ゴールドメダリオン特典)
  • スカイマイルショッピング:通常マイルに加えて所定のボーナスマイル
  • スカイマイルダイニング:100円=最大5マイル
入会特典
  • カード入会で8,000マイル
  • 3か月のカード利用で最大22,000マイル
  • 公共料金など、特定の加盟店での利用で最大15,000マイル
  • 初回搭乗でエコノミークラス10,000マイル(ビジネスクラス25,000マイル)
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高5,000万円
  • ショッピング・プロテクション…年間最高500万円
その他の特典
  • 空港ラウンジ…国内28か所、海外2か所 上級会員資格「ゴールドメダリオン」を無料付与(フライトボーナスマイル、優先チェックイン、優先搭乗など)
  • エアポート送迎サービス
  • 無料ポーターサービス
  • 手荷物無料宅配サービス
デルタ スカイマイル テイクオフ JCBカード
デルタ スカイマイルJCBカード
最安年会費のデルタカード
年会費
1,500円+消費税(初年度無料)
マイル
  • カード利用:100円=1マイル
  • デルタ航空の航空券&旅行商品購入:100円=2マイル
  • スカイマイルショッピング:通常マイルに加えて所定のボーナスマイル
  • スカイマイルダイニング:100円=最大5マイル
入会特典
  • カード入会で500マイル
  • カード利用&クイックペイ利用で7,000マイル
  • 初回搭乗でエコノミークラス2,000マイル(ビジネスクラス5,000マイル)
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険…最高2,000万円
  • ショッピングガード保険…年間最高100万円
その他の特典

デルタマイレージ~マイルの使い方~chapter3

貯めたマイルの使い道でもっとも人気が高いのは特典航空券です。デルタ航空のマイレージでは、自社便のほか27の提携航空会社の往復航空券にマイルを交換することができます。

また、エコノミークラスからビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラスへのアップグレードにもマイルを使うことができます。長時間のフライト時など、機上でのんびりすごしたい場合に、現金購入よりもお得にビジネスクラスやファーストクラスのサービスを体験できます。

なお、特典航空券に交換するほどマイルが貯まっていない場合や、希望の路線に特典航空券の空席がない場合は、「ペイ with マイル」を利用し、対象となる航空券の一部または全部をマイルで支払うことも可能です。

  マイルの使い方 何マイルから利用できる?
特典航空券への交換 マイルを、デルタ航空+提携航空会社27社の無料往復航空券に交換できる 15,000マイルから(日本-韓国間、セーバー)※ただしセーバーは座席数に限りがあるため、スタンダード(40,000マイル)からが現実的
アップグレード 航空券の座席をエコノミークラス→ビジネスクラス、ビジネスクラス→ファーストクラス にアップグレード可能 片道5,000マイルから
ペイ with マイル 対象となるフライトの運賃の全額または一部をマイルで支払い可能。手数料無料。
現金部分はクレジットカード払い可能(※アメリカン・エキスプレスとの提携カードのみ)
  • 運賃100ドル未満…25,000マイルで全額支払い可
  • 100ドル以上250ドル未満…100ドル分に10,000 マイルを充当。もしくは5,000マイル=50ドル換算で25,000マイルまで利用可能
  • 250ドル以上1,000ドル未満…100ドル分に10,000 マイルを充当。もしくは5,000マイル=50ドル換算で運賃総額の一部または全てを支払い
  • 運賃1,000ドル以上…100ドル分に10,000 マイルを充当。もしくは10,000マイル=100ドル換算で運賃総額の一部または全てを支払い

【注意点】特典航空券は、delta.com以外で発行すると手数料がかかる(25ドル)。予約変更はフライトの72 時間前まで可能。フライト日や便の変更にも手数料が発生する(最大150ドル)

いくら必要?特典航空券とアップグレードのマイル

いくら必要?特典航空券とアップグレードのマイル

特典航空券には、セーバー、スタンダード、ピークという3種類の必要マイル数が設定されています。日本-韓国間であれば、セーバーが15,000マイル、スタンダードが20,000マイル、ピークが60,000マイルと、それぞれ必要マイル数が異なります。

「セーバー」「スタンダード」「ピーク」は、予約状況と空席状況に応じてそのつど設定され、往路と復路では種類が異なることも多いため、希望する区間が往復で何マイル必要になるかは予約時になってみないとわかりません。セーバーは座席数に限りがあり、人気も高いため、多くの場合、必要マイル数は「セーバー往復」よりも多くなります。

なお、特典航空券は往復での予約&利用が原則ですが、2015年1月からはデルタのマイレージプログラムが改正され、片道での利用も可能となります。
アップグレードは特典航空券と異なり、片道での利用が基本です。往路・復路ともアップグレードをしたい場合は2倍のマイルが必要になるため注意しましょう。

特典航空券の必要マイル数(自社便・エコノミークラス・往復)check

  セーバー スタンダード ピーク
日本-韓国(アジア北部内) 30,000 40,000 60,000
日本-ハワイ(ハワイ行き) 55,000 90,000 130,000
日本-ニューヨーク(米国本土、アラスカ、カナダ行き) 70,000 120,000 160,000
日本-パリ(ヨーロッパ行き) 90,000

アップグレードの必要マイル数(自社便・片道)check

  エコノミークラス正規運賃より その他のエコノミークラス運賃およびビジネスクラス運賃より
日本-韓国(アジア地域内) 5,000 10,000
日本-ニューヨーク(米国 50 州、バミューダ、カナダ、カリブ、メキシコ ) 12,500 25,000
日本-コロンビア(コロンビア、エクアドル、ペルー、ガイアナ、ベネズエラ) 20,000 30,000
日本-コロンビア(アルゼンチン、ブラジル、チリ) 20,000 30,000

特典航空券を予約するコツ

特典航空券を予約するコツ

特典航空券は、シーズンや渡航先によって、人気が高く取りづらい場合があります。旅行日程が決まったらすぐにデルタのWebサイトにアクセスし、予約の可否を確認しましょう。最初のアクセス時に満席でも、後日キャンセルが出る可能性もあるため、こまめなチェックが欠かせません。

デルタの特典航空券は、デルタ航空の公式サイト(delta.com)経由で予約すれば手数料無料で発行できますが、電話や空港カウンターでの発券には25ドルがかかります。ただし、サイトが混み合ってアクセスできないような場合は、手数料を覚悟して電話で予約をするのも一つの方法です

また、特典航空券は希望通りの日程に取れるとは限らないため、特典航空券の取れたタイミングで旅程を組むなど、ある程度柔軟な対応ができるようにしておくと良いでしょう。

  • 特典航空券を予約する際のコツ
  • 1. まめにデルタ航空のWebサイトをチェックする
  • 2. 手数料を覚悟で電話予約する
  • 3. 特典航空券の日程に旅程を合わせる
Rankingマイレージプログラム比較
ANA「ANAマイレージクラブ」
スターアライアンスに所属する国内大手航空会社。国内線・国際線共に豊富な路線網を持つ。ショッピングやカード利用でのマイル獲得機会が多い。
JAL「JALマイレージバンク」
ワンワールド所属の国内大手航空会社。小田急・東急・JRなどの鉄道会社と多く提携しており、チャージや定期券の購入でもマイルを獲得する機会がある。
UA「マイレージ・プラス」
スターアライアンスに所属する、世界で2番目に大きい航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%をGETできる。
デルタ「スカイマイル」(旧:ワールドパークス)
スカイチーム所属の外資系大手航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%を付与。貯めたマイルに実質の有効期限がない。
大韓航空「スカイパス」
韓国のフラッグシップ。日本への就航便はデルタ航空に次いで多い。マイル有効期間は10年間。航空チケットが安く、予約クラスによるマイル減額も少なめ。
RankingANAカード比較
ANAアメリカン・エキスプレス
入会で3,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA Suicaカード
ANAと三井住友カードが提携・発行するクレジットカード。Suicaとして使うこともでき、マイルをSuicaに交換することができる
ANA JCBカード(一般)
JCBが発行するANAカード。他ブランド(VISA、Master)のANAカードと比較すると交換手数料が安く、50万円以上のカード利用で翌年のポイント還元率がアップ。
ANAダイナースカード
ダイナースクラブが発行するANAカード。高いマイル還元率を誇り、マイルへの交換可能なポイントに有効期限がない。
ANA JCBカード(ワイド)
JCBが発行するANAワイドカード。入会時・継続時に一般カードの2倍のボーナスマイル、毎回のフライトでは2.5倍のボーナスマイルがもらえる。

このページのトップへ