ANAマイルの特典をお得にゲットする方法とは?

ANAのマイル特典をお得にゲット

注目のマイレージカード&マイレージプログラム

ANAのマイル特典をお得にゲットする方法とは?chapter1

何マイルから、何に交換できる?

ANAには、特典航空券(国内・国際線の無料往復航空券)の他、座席のアップグレード特典、旅行代金の支払いなどに使えるクーポン券、各種提携会社(楽天、TSUTAYAなど)とのポイント交換…などなど、種類豊富なマイル特典が用意されています。
目指すマイル特典をゲットするためには何マイル必要なのかチェックしておきましょう。

代表的なANAのマイル特典と必要マイル数check

特典航空券 国内線・国際線・提携航空会社の往復航空券に交換できる
国内線:10,000マイル~、国際線:12,000マイル~、提携航空会社:14,000マイル~
座席アップグレード(片道) ANA国際線とスターアライアンス加盟航空会社の座席クラスをアップグレードできる(どちらも12,000マイル~)
Edy 10,000マイルを10,000円分のEdyに交換できる。(※年度毎累計20,000マイルまで。累計30,000マイル以上は10,000マイル=5,000マイル)
ANAご利用券(クーポン)・ANA SKYコイン 12,000マイルを15,000円分のクーポンに交換できる
ANAご利用券(クーポン)は、ANAの航空券、ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAホテルのご宿泊やお食事、機内販売商品などに利用可能。ANA SKYコインは、ANAの国内線・国際線航空券の購入に利用可能
ANA SKY WEB TOUR…国内・海外のANAツアーサイト
ポイント交換 提携会社のポイントと交換できる
楽天:10,000マイル→楽天スーパーポイント10,000ポイント、TSUTAYA:10,000マイル→Tポイント10,000ポイント等(※年度毎累計20,000マイルまで。30,000マイル以上は10,000マイル=5,000ポイント)
オリジナルグッズ ANAショッピングモール「astyle」でのショッピングポイントに交換できる(10,000マイル=10,000ポイント)

ANAの特典航空券をお得にゲットする方法とは?

マイル特典の中でも特典航空券はお得度が高く、国内線はもちろん、国際線の往復航空券に無料できる点が魅力です。
ANAの特典航空券は、閑散期・混雑期など時期によって必要マイル数が異なるため、閑散期を狙って特典航空券に交換すれば、よりお得に特典をゲットすることができます
希望の特典航空券に必要なマイル数や閑散期・混雑期を事前にチェックし、少ないマイル数でお得にマイル特典をゲットしましょう。

ANA国内線時期によって必要なマイル数は異なる

区間 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
東京⇔大阪 10,000 12,000 15,000
東京⇔札幌 10,000 12,000 15,000
東京⇔沖縄 14,000 18,000 21,000

ANA国際線時期によって必要なマイル数は異なる

区間 ローシーズン(L) レギュラーシーズン(R) ハイシーズン(H)
東京⇔ソウル 12,000 15,000 18,000
東京⇔バンコク 30,000 35,000 40,000
東京⇔パリ 45,000 55,000 65,000

特典にマイルが届かない場合は?

ANAの特典航空券をお得にゲットする方法とは?

ANAのマイルには3年間の有効期限があります。「有効期限が迫っているのに、ほしい特典に貯まったマイルが届かない」―そんな時におすすめしたいのが、クーポン券の活用です。
還元率は特典航空券にやや劣りますが、12,000マイルを15,000円分のクーポン券に交換でき、航空券やツアーの購入に利用することができます。

ANAのマイレージプログラムは、マイルを貯める方法や特典に様々な種類があるため、「複雑で難しそう」と思いがちですが、ポイントをおさえておけば、実は空でも陸でも効率良くマイルを貯めることが可能です。

本特集を参考に、より多くのマイルを貯めて下さいね。

Rankingマイレージプログラム比較
ANA「ANAマイレージクラブ」
スターアライアンスに所属する国内大手航空会社。国内線・国際線共に豊富な路線網を持つ。ショッピングやカード利用でのマイル獲得機会が多い。
JAL「JALマイレージバンク」
ワンワールド所属の国内大手航空会社。小田急・東急・JRなどの鉄道会社と多く提携しており、チャージや定期券の購入でもマイルを獲得する機会がある。
UA「マイレージ・プラス」
スターアライアンスに所属する、世界で2番目に大きい航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%をGETできる。
デルタ「スカイマイル」(旧:ワールドパークス)
スカイチーム所属の外資系大手航空会社。普通運賃、割引航空券、ツアー料金で区間マイレージの100%を付与。貯めたマイルに実質の有効期限がない。
大韓航空「スカイパス」
韓国のフラッグシップ。日本への就航便はデルタ航空に次いで多い。マイル有効期間は10年間。航空チケットが安く、予約クラスによるマイル減額も少なめ。
RankingANAカード比較
ANAアメリカン・エキスプレス
入会で3,000マイル、カード利用額に応じたボーナスポイントキャンペーンを実施中。マイル移行上限なし。ボーナスマイル、旅行保険・ショッピング保険も付帯。
ANA VISA Suicaカード
ANAと三井住友カードが提携・発行するクレジットカード。Suicaとして使うこともでき、マイルをSuicaに交換することができる
ANA JCBカード(一般)
JCBが発行するANAカード。他ブランド(VISA、Master)のANAカードと比較すると交換手数料が安く、50万円以上のカード利用で翌年のポイント還元率がアップ。
ANAダイナースカード
ダイナースクラブが発行するANAカード。高いマイル還元率を誇り、マイルへの交換可能なポイントに有効期限がない。
ANA JCBカード(ワイド)
JCBが発行するANAワイドカード。入会時・継続時に一般カードの2倍のボーナスマイル、毎回のフライトでは2.5倍のボーナスマイルがもらえる。

このページのトップへ